慰安婦問題の疑問点 それってウソでしょ

当ブログは主に日本のネット上でのウソを検証しているので、世界中(特に韓国や中国、欧米の主要メディア)のウソを検証してはいません。

売春婦

戦前も売春は合法でなかった証拠

桜田義孝発言「従軍慰安婦の問題が出るが、日本で売春防止法ができたのは昭和三十年代だ。それまでは職業としての売春婦だった。」という発言は批判を浴びて撤回したものの、相変わらずその認識は一部で蔓延っています。
桜田以前にも稲田朋美(一応訴訟法だけは知っている弁護士)も同様な発言をしていますし、ネット上では相変わらず慰安婦=売春婦(合法)という単純論法が蔓延しています。


しかし「娼妓取締規則」に則らない売春は当時でも非合法。
売春防止法ができて廃止されたのは、所謂公娼制度であって、それまでも公娼以外の売春が合法であったこと言う事ではありません。

勿論当時の警察も売春は取り締まっていました。


淫バイ
密売淫とは公娼でない非合法の売春の事です。芸妓の売春でも合法じゃなかったのです。

ウヨは
「現在の価値観で、過去を断罪するな」とよく言うが
まず桜田は「売春婦」として現在の価値観を持ち出しています。
即ち現在の自由売春と慰安婦の管理強制売春とを同一視することによって、批判を避けようとする単純なすり替えです。


戦前もほとんどの国(*1)で売春は禁止されていますが、売春や売春施設があったのは事実ですし現在もそうです。日本の場合、今でも売春施設といっていい店も存在します。

麻薬も同じで各国は禁止していますが、裏ではいくらでも手に入ります。 だからと言って「職業としての売春婦だった」ということならば麻薬や覚せい剤の密売という裏稼業も立派な職業という事になる。
桜田は覚せい剤取締法違反の人間を「この人の職業は違法薬物の販売員です」と言っているに等しいバカです。 

職業に貴賎はないと言うのは現代において当然の認識ですが、(敢えて言うなら当時の価値観では売春婦とは言わず公式文書でも差別的な「
醜業婦」と呼称していた)非合法な稼業まで職業と言ってしまう感覚には呆れてしまいます。
慰安婦は己の自由意志で身をやつしたか否かという以前の問題じゃないですか。




jokyu
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/re/k-rsc/hss/book/pdf/no103_05.pdf
より引用


表2の「女給数」の表は当時の風俗関係従事者の人数が記載されていますが、そのうち「女給」は現在の所謂クラブやラウンジホステスのようなもので、店によっては過激な性サービスをするところもあったようです。
またチップをより多く得るために枕営業もあったということですが、女給の場合は契約に縛られることなく、店の転籍も比較的自由だったこともあり、女給による自由売春は頻繁に行なわれていたようです。

しかし店ぐるみの売春の場合は摘発対象となり
表1の記載「飲食店」の多くはそういう店です。

参考資料 http://www.ritsumei.ac.jp/acd/re/k-rsc/hss/book/pdf/no93_08.pdf



借金返済まで
廃業の自由のない「慰安所規定」は大審院判例や当時の国際条約にも違反する違法な規定でした。当時の女給待遇とはまったく異なります。

また慰安婦がすべて合法な娼妓であったという事実は全く存在しません。多くの証言や警察資料、外務省資料からも正規の手続きを踏んでいない事例が多く判明しています。
朝鮮や台湾に至っては手続きの有無は勿論、未成年女子の国外移送一つとってみても違法です。





(*1)「婦人及児童ノ売買禁止ニ関スル国際条約」に日本は1925年12月に批准。

当時の加盟国はアルバニア、オーストリア、オーストラリア、カナダ、チリ、中華民国、コロンビア、コスタリカ、キューバ、エストニア、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、インド、イタリア、日本、ラトビア、リトアニア、ノルウェー、オランダ、ペルシャ帝国、ポーランド及びダンツィチ、ポルトガル、ルーマニア、シャム、スペイン、スウェーデン。 
イギリスやスペインは植民地、オーストラリアやニュージーランドは委任統治を除外。

 

アメリカも認めた売春婦? 但し慰安所軍関与説を補完する引用

アメリカも認めた慰安婦は売春婦と同じだったという主張について

いわゆるミッチナ捕虜尋問調書に記載されている次の文章ですが
「A "comfort girl" is nothing more than a prostitute or "professional camp follower" attached to the Japanese Army for the benefit of the soldiers. The word "comfort girl" is peculiar to the Japanese.」

「"慰安婦"とは、軍人にサービスするために日本軍に配属された売春婦、すなわち "将兵専門のプロの娼婦"としかいいようがない。"慰安婦"という言葉は日本人特有のものだ。」
camp followerは直訳では基地の従者ですが前後の文脈からこの訳に違和感はないでしょう。

さてこの文章を元にネトウヨは「慰安婦とは売春婦だとアメリカ軍も認めている」と拡散させています。

単純に考えればそうですが、慰安所に関し予備知識のない米軍が、捕虜は慰安婦と言っているが 、それは米軍の認識では慰安する女子じゃなく売春婦だと説明しているだけです。

「comfort girl?そりゃ一体なんだ?」
尋問するうちに「なんだ売春婦以外何者でもないじゃないか」と判明したのでそう記録したんだと思います。
しかし(comfort girlという概念がアメリカにはなく)「日本人特有のものだ。」と述べているところがキーポイントです。

私たちが慰安婦と売春婦の違いを論争するほど彼らは慰安婦の特異性を認識していたはずがありません。
それを”peculiar to the Japanese”をほぼ無視し、あざとく解釈して慰安婦=合法売春婦説にすりかえていると思いませんか?
しかもたった2人の日本人"the Japanese"="house master"の証言だけですよ。主張の蓋然性は無きに等しいと言えます。 

まあ多くのネトウヨは原文解釈までしていないでしょうから、鵜呑みにしているのでしょう。「ネトウヨは二行しか文章を理解できない」と揶揄される所以だと思いますよ。



「1944年にビルマでアメリカ軍が20人の朝鮮人慰安婦を捕虜にいたしまして、詳しい尋問記録を残しております。その中で彼女たちは日本軍に所属している売春婦だ「"nothing more than prostitute or "professional camp follower"」と結論しております。」 秦郁彦2015年外国人記者クラブ会見  
てかこの人は数学もさることながら英文読解も非常に弱い偏差値36くらいに劣化していますよ。

「慰安所は民間業者が不特定多数の客のために営業する通常の公娼施設とは違います。軍が軍事上の必要から設置・管理した将兵専用の施設であり、軍の編成の一部となっていました」と永井和京大大学院教授が指摘していますが、""comfort girl" is  ****** attached to the Japanese Army"日本軍に所属している売春婦と認識している秦氏は、永井教授の見解と同じで慰安所は軍の密接な関与があったと認めることになります。
秦氏は慰安婦を単なる「売春婦」と言いたいがために「ミッチナ捕虜尋問調書」を持ち出したのですが、「慰安所はいい金儲けが出来ると民間業者が部隊の傍で営業した」という軍責任回避論を覆す引用じゃないですか?


そういった主張をする歴史家に対し著名な権威ある歴史家達が
「特定の用語(この場合売春婦)に焦点をあてて狭い法律的議論を重ねること・・・(は)より広い文脈を無視することにほかなりません。」と諭している訳です。


ネトウヨが喜んで引き合いに出す「マッカーサーも日本は自衛の為に開戦に踏み切った」も良く似た手法です。
文章全体を吟味せず一部の単語だけで意訳(ほぼ意図的に誤訳)・拡大解釈しています。
ここでは本題ではありませんので詳しい説明は改めてUPしたいと思います。

ギャラリー
  • テキサス親父のペテン
  • テキサス親父のペテン
  • テキサス親父のペテン
  • 「戦況悪化で朝鮮人女衒に捨てられた慰安婦」のウソと虐殺事件
  • 「戦況悪化で朝鮮人女衒に捨てられた慰安婦」のウソと虐殺事件
  • 「戦況悪化で朝鮮人女衒に捨てられた慰安婦」のウソと虐殺事件
  • 「戦況悪化で朝鮮人女衒に捨てられた慰安婦」のウソと虐殺事件
  • テキサス親父のウソ
  • テキサス親父のウソ
コメントは歓迎しますが、当ブログに関係ない嫌韓ネタや記事に直接関係ないもの。その他極端な誹謗中傷・脅迫・ヘイトなどは独断で削除します。
謝罪や賠償問題は当ブログのテーマではないので、それらに関するコメント書き込みも削除する場合があります。また「朝鮮人強制連行」を否定する主張は当ブログのテーマとは関係ありませんので受付ません。 韓国政府の主張にも慰安婦像横のプレートにも書かれていない朝鮮人慰安婦20万人を否定しても意味がありません。慰安婦は朝鮮人・台湾人・中国人・フィリピン人・インドネシア人やベトナム・ビルマ・マレー・インド人、他南洋の女子が慰安婦となってたのは日本の公文書で明らかです。