慰安婦問題の疑問点 それってウソでしょ

当ブログは主に日本のネット上でのウソを検証しているので、世界中(特に韓国や中国、欧米の主要メディア)のウソを検証してはいません。

「日本の歴史家を支持する声明」

「歴史戦」に前進はあったのか? もはや右派は玉砕しか残された道はないのでしょうか?

古森義久氏と産経新聞は「白旗」を揚げるべきでしょう


「日本の歴史家を支持する声明」に対し産経新聞ワシントン駐在編集特別委員の 古森義久氏は「歴史学者187人の声明は反日勢力の『白旗』だった」という主張を以前紹介しました。

「慰安婦の数も同様に「正確な数は分からない」という。では「20万人」という明確な数字はどうなったのか。これまたダデン氏らは、つい2カ月前の声明で断定していた
「 さらに今回の声明には、米側でおなじみの「性的奴隷」という言葉もなかった。「日本軍の強制連行、徴用」という言葉も消えていた。」

氏はその根拠を基に「19人は白旗を揚げた」と言い、右派の多くもそれを信じているのか、彼の解釈に異論を挟む人はいなかったようです。

かくいう私も全文の訳文がネットでは得られませんでしたから、ダデン氏らの「3月声明(Standing with Historians of Japan)」では20万人を断定したと思い込んでいました

しかし暇ができたのでその
全文(英語)をザッとよんだところどこにも20万人と書かれてないじゃないですか!

「Historians continue to debate whether the numbers of women exploited were in the tens of thousands or the hundreds of thousands and what precise role the military played in their procurement. 」

「歴史家は、慰安婦の数は数万または数十万人かどうか、また軍が慰安婦調達に役割を果たしたかどうかを議論し続けています。」と書かれてあって20万人の断定はどこにもありません。ことさら「強制連行」を主張している訳でもありません。

「“comfort women” who suffered under a brutal system of sexual exploitation in the service of the Japanese imperial army during World War II.」

「慰安婦は大日本帝国軍の性的搾取の残忍なシステムの下で苦しんだ」とあります。
「国家的性奴隷」以外にも表現方法は変えなながら「性奴隷」と言っていいような表現が重ねて記述されています。

要するに3月の「19人表明」と「日本の歴史家を支持する声明」とで表現方法に大きく変わりがないと言うことです。
彼は「大ウソ」をついています
「白旗」どころか「連帯旗」の数が大きく増えたということです。

更に声明は
「Some conservative Japanese politicians have deployed legalistic arguments in order to deny state responsibility, while others have slandered the survivors.Right-wing extremists threaten and intimidate journalists and scholars involved in documenting the system and the stories of its victims.」

何人かの保守政治家の国家責任を否定する方便や、右翼過激派がジャーナリストや学者を脅したり、(歴史修正)システムの文書化に関与し、そしてその被害者の話を威嚇していると危惧しているわけです。

()内は私の解釈

そして最後に「いかなる政府も歴史を検閲する権利を持つべきではない」と主張しています。

なにも「マグロウヒル社」の教科書内容を100%肯定するといった文章ではありません。
そして「事実を明るみをもたらすために働いている多くの歴史家と同じ場所に立っています」と立場表明をしたのです。声明のタイトルが「Standing with Historians of Japan」と、まさにそれを表しているのです。
なにも「マグロウヒル社の慰安婦記述を擁護する」と一言も書かれていません。 


古森氏の主張は「原文は誰も読まないだろうから、ウソでも右派が喜ぶ記事を書いて注目を得よう」「ネトウヨが喜ぶから捏造・歪曲は当たり前」という一般読者を全くバカにした「Standing with Net_uyo of Japan」というべきシロモノでした。


右派の自称歴史家や産経新聞は「歴史戦」と勇ましい言葉を用いていますが、
戦うのなら矢を向けられたものを防御し反撃しなければならないのに、全く対応できていません。というより反撃の武器がないので、全く違う妄想の世界(パラレルワールド)で自慰をしているように思えます。
しかし現実はその第2次会戦で相手はより強力な陣容を整え、国内にあってはほとんどの歴史家が参戦した今、彼らは玉砕しか残された道はなく、今後も錯乱状態の発言しか出てこないでしょう。
 


 


 

「日本の歴史家を支持する声明」にイチャモンをつける人

「日本の歴史家を支持する声明」について、藤岡信勝氏は自身のFaceBookで5月8日
「いよいよ今年の歴史戦の大波が襲ってきた感じです。」と臨戦態勢を煽る勇ましい
言葉を発しています。
しかし残念なことに「声明」に対して自身では発言なさらず、関野通夫氏のコメントを転載されています。

今回はそのコメントについて考察します。

1.何故、日本の慰安婦制度だけをターゲットにしたのか。
兵士の性処理問題に、アメリカ、ソ連、韓国他他の国はどう対応したかのの視点に欠けてています。
それらを研究・把握したうえで、日本を論じているのか?
「韓国と中国の民族主義的な暴言」を非難することによって、一見公平なふりをしているが、欧米は、どうだったかに触れない人種差別的な見解である。結局、日本だけをターゲットにした一種のヘイトスピーチである。

これは日本の歴史学者を支持するというアカデミズムからの問題提起であって、今一番重要だと思われるテーマを示したに過ぎません。
なぜ日本だけがと言うのは欧米や他国では歴史修正ムーブメントが顕著に現れていないからです。
具体的には日本政府関係者がアメリカの教科書の「慰安婦」の記述についてクレームを入れたからでしょう。
中国・韓国は常に日本の教科書記述内容を非難していますが、これは世界的に見ても例外であって、各国とも他国の教科書には干渉しないという不文律があるからです。
それを今回日本が中韓と同じレベルの間違いを犯したからです。
それを人種差別的な一種のヘイトスピーチだと言うには「ヘイトスピーチ」の意味すら分からない激情型・思いつき、出任せで反論するウヨクの典型的な言説だと思います。千歩譲ってレイシズムと言うなら話の流れで分からないでもないですが。


2.被害者の証言について、彼らは、その真実性について検証を行なったのか。諸々の反証を考究したのか。そういう作業なしに、一国民を貶めるのは誣告を構成するものであることを理解しているのか?

ナヌムの家の元慰安婦たちの証言もあやふやな部分もありますが、全てがウソでないことも判明していますし、日本の裁判所でも明らかにされています。勿論検証・考究はなされています。

右派は彼女らの証言の信憑性を否定し、鬼の首を取ったかのような発言に終始していますが、しかし彼女らの証言は被害者のほんの一部のものに過ぎません。外にも数多くの証言記録が残っています。ただ今となっては亡くなられた方の証言の多くは一義的には裏づけが取れません。だからといって信憑性に多少の疑問を持つだけで、断定的に否定することも難しいのではないでしょうか?
証言を得た地域、年、証言者の属性、記録した人や組織などは多岐に渡っています。それらの全てが組織的な背景があり、誰かの意図が反映した証言という事ではありません。それらは資料としても重要な評価はされています。

3.「恐ろしい暴力」、「残忍な行為」、「彼女たちを搾取」とは、具体的に、どこで起こった、どのような行為を指しているのか。検証された証拠に基づかずして、このような抽象的な言葉を使うことを印象操作(impression management或いはnipulation)という。これだけで、この声明の知的レベルが知れるものである。

そもそも「声明」ですから論戦を挑んでいる訳ではありません。具体的に列挙すれば分厚い本になりますよ。そんな事も理解できない氏の知的レベルが知れるものです。
少なくとも「声明」を読んで物言う人なら韓国・中国の資料はともかく、国立公文書館アジア歴史資料センターにある膨大な資料の存在はご存知ですよね。勿論「日本の歴史家」によって既に多くの検証・解説がなされています。

4.「日本政府が言葉と行動において、過去の植民地支配と・・・」とは、具体的に、どこのことを言っているのか、また、欧米の植民地支配については、どう思うのか?

最後まで引用して下さい。「過去の植民地支配と戦時における侵略の問題」ですから総論であって具体的な各論を言えば先ほども示したように「声明」では収まり切れませんよ。まあ187人の総意ですから個別の事柄に言及はしないのも当然です。
欧米の植民地支配についても一部言及はされていますが、今回の声明とは別のテーマになります。
氏は「声明」に近現代史が網羅されてなければ気がすまないのでしょうか?バカ言っちゃだめですよ。

「日本の研究者・同僚と同じように、私たちも過去のすべての痕跡を慎重に天秤に掛けて、歴史的文脈の中でそれに評価を下すことのみが、公正な歴史を生むと信じています。この種の作業は、民族やジェンダーによる偏見に染められてはならず、政府による操作や検閲、そして個人的脅迫からも自由でなければなりません。私たちは歴史研究の自由を守ります。そして、すべての国の政府がそれ を尊重するよう呼びかけます。」

この一節が「声明」の核心部であり、「日本の歴史家」の歴史研究の自由が危うい状況にあるのではないかと懸念されるから出された声明ではないでしょうか。
この部分にコメントされないのは「声明」の一部を取り上げたイチャモンでしかありませんね。


ギャラリー
  • 産経ニュースのウソと歪曲
  • テキサス親父のペテン
  • テキサス親父のペテン
  • テキサス親父のペテン
  • 「戦況悪化で朝鮮人女衒に捨てられた慰安婦」のウソと虐殺事件
  • 「戦況悪化で朝鮮人女衒に捨てられた慰安婦」のウソと虐殺事件
  • 「戦況悪化で朝鮮人女衒に捨てられた慰安婦」のウソと虐殺事件
  • 「戦況悪化で朝鮮人女衒に捨てられた慰安婦」のウソと虐殺事件
  • テキサス親父のウソ
コメントは歓迎しますが、当ブログに関係ない嫌韓ネタや記事に直接関係ないもの。その他極端な誹謗中傷・脅迫・ヘイトなどは独断で削除します。
謝罪や賠償問題は当ブログのテーマではないので、それらに関するコメント書き込みも削除する場合があります。また「朝鮮人強制連行」を否定する主張は当ブログのテーマとは関係ありませんので受付ません。 韓国政府の主張にも慰安婦像横のプレートにも書かれていない朝鮮人慰安婦20万人を否定しても意味がありません。慰安婦は朝鮮人・台湾人・中国人・フィリピン人・インドネシア人やベトナム・ビルマ・マレー・インド人、他南洋の女子が慰安婦となってたのは日本の公文書で明らかです。