慰安婦像は少女像にあらず 菅義偉官房長官「問題視しているのは慰安婦像」

http://www.sankei.com/politics/news/170111/plt1701110027-n1.html

「韓国では、多くの10代前半の女性が旧日本軍によって強制的に連行されて慰安婦にされた-との主張が横行している。しかし、日本政府の調査などでは、「少女」と呼ばれる年代の女性が慰安婦になったことは裏付けられていない。

という
記事内容はウソです。編集者の妄想か不勉強を晒す相変わらずの産経クオリティ。
1992年に政府が調査し発表した資料にちゃんと15歳や16歳の慰安婦の記録があります。

過去エントリでも紹介した
のですが

 
顕微成績ノ件(梅毒検査結果) 昭和17年5月29日、6月9日 

には15歳(2人) 16歳(2人)の記戴があります
(ただし姓名は黒塗り。しかし氏名欄は縦書で漢字表記で6文字までと考るのが妥当であり、日本人・朝鮮人・台湾人あるいは大陸の中国人と考えられる)

10代前半ではありませんが、
少女と呼ぶ年齢には違いありません

慰安婦像横のプレートには朝鮮人慰安婦だけでなく、被害を受けたとされる民族が書かれてあります。韓国女性家族部や2008年韓国国会の対日非難決議においても「アジアの女性」として朝鮮人慰安婦だけに限定していません。
従って国籍に拘った解釈は無意味です。

また同記事には


「実際、
米軍が昭和19(1944)年、ビルマ(現ミャンマー)で捕らえた朝鮮人慰安婦から聞き取り調査して作成した報告書※によると、調査対象となった女性20人の平均年齢は23歳で、最年少は19歳が1人いるだけだった。」
との歪曲主張を掲げています。
※心理作戦班 捕虜尋問報告No.49

その報告書には1942年夏に慰安婦として派遣されたと記述されています。
しかし
尋問期間は1944年8月20日から9月10日であり、調査した時点での慰安婦の年齢と朝鮮半島で慰安婦にされた年齢とでは2歳の差があるのを無視しています。

報告書に記戴された年齢を元に慰安婦となった年齢を調べると、20名のうち11名が未成年で慰安婦となり、その最年少が17歳であったのです。


また日本の裁判所では多くの元慰安婦の事実認定が行われています。
原告の多くは当時未成年でしたが、年少の原告だけを取り上げても

○中国人「慰安婦」損害賠償請求訴訟(第二次)
期間:1996年2月~2007年4月

一、二審とも軍が連行、監禁、強姦(ごうかん)した事実を認定しました。最高裁も、この事実認定自体は「適法に確定された」と認めました。
原告
郭さん、当時15歳
侯さん、当時13歳

○海南島戦時性暴力被害事件訴訟
期間:2001年7月~2010年3月

高裁判決のなかで「以下の事実が認められ,この認定を覆すに足りる証拠はない。」と原告の主張が認定されました。
原告
黄有良さん、当時14歳
陳亜扁さん、当時14歳
譚亜洞さん、当時16,7歳

○関釜裁判

高裁「原告らの打ち消し難い原体験に属するものとして、その信用性は高いと評価される」として原告らの主張する事実を認定、確定しました。
原告
朴頭理さん、当時16歳 外当時未成年2名


○在日韓国人元従軍慰安婦謝罪・補償請求事件
2000年11月30日高裁判決

原告が慰安婦として受けた被害事実について、東京地裁判決で事実認定が行われています。
原告
宋神道さん、当時16歳 

ただし賠償請求についてはいずれも棄却されています。

理論破綻している慰安婦高給説で、今だにウヨがよく例にする慰安婦の軍事郵便貯金の主、文玉珠さんが慰安婦となったのが当時16歳だったと認定されています。


ec21b928




勿論日本政府機関が公式に認定はしていない(それをウヨは捏造慰安婦と称している)が、数多くの証言記録では年少で慰安婦となった女子(朝鮮人に限らず)が多数いたのは言うまでもありません。
日本の裁判所では多くの事実認定がなされましたが、日本政府が本気で調査すれば、それらの公式に認定していないが韓国政府が認定した元慰安婦の証言の年齢が嘘であるか、あるいは真実なのかは明らかにできる筈ですが、それをしないで証言を否定できませんね。


「少女像と呼べば、実際に少女が慰安婦をやっていたと思われる」自民部会2017/1/27(青山繁晴参院議員)
そのとおりですから。