慰安婦資料は「ホロコーストをねじ曲げ」 記憶遺産申請でカナダ・ユダヤ人友好協会がユネスコに意見書 2016.11.24 産経新聞歴史戦
http://www.sankei.com/politics/news/161124/plt1611240010-n1.html



カナダ・イスラエル友好協会のMmiroslav Mmarinov (ミロスラフ・マリノフ)氏とは何者か?
確かに
Canada-Israel Friendship Associationなる組織は存在するが、日中友好協会のような準公式組織ではない単なる任意団体、例えば大学のサークルのようなものです。

しかもHPでは「ユネスコに意見書を提出した」という重要なアクションの記載すらないのです。

ユネスコの記憶遺産などは国家でなくとも団体や個人でも申請できるので、勿論意見書を送付することには制限がありません。
勿論真剣にユネスコが検討するかは別問題です。

「なでしこアクション」かそれに近いウヨが彼を利用(多分ギャラを払って)して意見書を提出させ、それを産経新聞が記事にしたという自作自演のつまらぬネタですが、あえてウヨの姑息なプロパガンダを指摘しておきます。



「また、慰安婦問題が東京裁判でも問題にならなかったことや、米当局の調査でも慰安所で働いていた女性のほとんどに給与が支払われていたなどとして「性奴隷説」が証明できていないと指摘した。」

意見書を引用した記事の一節には甚だしい歪曲があります。
まず連合軍による東京裁判は「平和に対する罪」を主に裁いたのであり「人道に対する罪」それ自体を裁く法廷ではなかった。
しかも軍事裁判はポツダム宣言にもあるように、交戦規定違反のほか捕虜や占領地の住民に対する戦争犯罪を裁くのが目的でした。
安倍総理が「ポツダム宣言は詳らかに読んでいない」と国会で答弁しましたが、安部総理以上に産経の編集部はバカですねぇ。

戦時中、毎年軍法会議により7000人もの兵を銃殺し(金正恩体制の北朝鮮をはるかに越える)、またそれ以上と推測される軍法会議を経ず上官の命令だけで
多くの日本軍兵士が殺害された事実や、当時日本の植民地とされていた朝鮮・台湾の慰安婦は敗戦国内部の問題として裁判の対象ではなかったのです


しかし有名なスラマン事件、中国の桂林事件
「極東国際軍事裁判速記録」判決速記録186Pなどは裁かれています。
法廷に提出された軍による慰安婦強制の証拠は今までに7点発見されています。


東京裁判で南京事件が裁かれ判決が出たのは交戦法違反であり「人道に対する罪」ではありません。
だから虐殺や強姦はなかったと強弁しても裁判の前提が
違うのです。

しかも米当局の調査(ATISの調査報告書No.1201945/11/15)では給料の金額の証言記述はありますが(但し支払い記録や受領の記録文書はない)、併せて「慰安婦は楼主に最低150円/月は支払わなければならなかった」との証言もあります。

病気や体調不良でも最低月に100人以上の兵を相手にしないと借金が増えるという奴隷的待遇の記載を無視しています。
ナチス強制収用所でも賃金を受け取っていたユダヤ人は多数いますし、アメリカの黒人奴隷も賃金を得ていました。
賃金を得ていたから奴隷ではないという理屈は戦前日本が批准していた奴隷条約にも反する暴論で、国際機関なら一蹴する幼稚極まりないウヨ主張です。


また欧米では金を払っても相手が未成年の場合、sex slave として被害者を性奴隷と認定するのが常識となっています。成人であっても管理売春の場合は同じ表現です。
給料を得ていたから性奴隷ではないという単純主張は欧米では通用しません。


英国のアンドリュー王子であっても、未成年買春スキャンダル報道では相手の女子はsex slaveとされています。(New York Times やIndependent紙。BBCはsexually trafficked 


カナダ在住者なら当然認識している筈ですが、意見書の内容は日本のウヨが主張するままであり、胡散臭さプンプンです。それにしても事実や経緯を無視しウヨが喜ぶネタにしか紙面を埋められない産経新聞も哀れなものです。

しかも元ネタはMmiroslav Mmarinovの個人開設ブログ。
http://www.blogwrath.com/unesco/how-unesco-blackmails-israel-and-exploits-the-holocaust/7851/




さてミロスラフ・マリノフはマイケル・ヨンのように二匹目のどじょうを狙っているのでしょうか?

暇な自称愛国青年よ、産経新聞妄信者、慰安婦否定論者たちよ、
ミロスラフ・マリノフ氏について、ユネスコにモノ申す程の、それなりに権威や影響力のある人物(評価は別として例えばアレクシス・ダディン教授のように慰安婦問題に関わっている人物)であるのか教えて欲しいものです。
彼の妻が、なでしこアクション・チャンネル桜の関係者マリノフ利江であるのは周知の事実です。