再度言いますが朝鮮半島だけに限って言えば日本の官による強制連行を示す文書証拠は見つからないし、一方韓国が主張する証拠なんてほとんど説得力に欠けるものだとも思います。
また証拠が見つからないのは当たり前で、強制連行という裏の仕事を官自ら記録として残す事などありえないし、銃剣で脅して連行するような単純な暴力的行為ではなく、もっと巧妙な手口であっただろうと多くの証言から推測されます。

軍の伝達も警察の部下に対する指示も口頭で行われたと言います。
泰緬鉄道建設の為の捕虜使役も所謂バターン死の行進も正式命令書は存在しません。

そもそも刀を突きつけたり「軍と帯同して売春をするのだ」なんて軍の体裁を貶めるセリフを言う訳がないでしょう。

イメージ 4

私もそういったステレオタイプの強制連行はなかったと思います。

占領地ならいざ知らず、当時の軍部がいくら強大な力を持っていても、絵にあるような民衆から反発を食うような、数百年前のアフリカ奴隷狩りのような幼稚な手段を日本軍が使うわけがありません。
だから親兄弟も「どこかで仕事をさせられるんだ」程度の認識だったと思います。
従って強制連行を疑う目撃証言もほとんどなく、集団抗議も見られなかったのでしょう。とくに内地では従軍看護婦と違って、皇軍の名誉がかかっていますから慰安婦集めには相当気を遣ったと思います。

日本軍のほとんどの兵士が復員後、戦地のいやな体験は家族にも話さなかったと言います。
何十年もたってから重い口を開いたという人は大勢います。
まして朝鮮の婦女子が毎日の慰安所生活を話すなんて当時では考えにくいです。
戦後の混乱も落ち着きだしたころに朝鮮戦争が始まりました。慰安所も安全ではなかったけど、朝鮮半島のほぼ全域が戦場の修羅場と化しました。
その混乱の中忘れ去られたとしても不思議じゃありません。


被害者の証言だけでは証拠にはならないと言う理屈は甘んじて受けるとして西岡力氏の主張には同意できませんね。
「慰安婦を強制連行したとの「説」はその後の調査研究によって、事実ではないと結論が出た。」
「強制連行したとの「説」が事実ではないと結論が出た」のではなく、吉田清治の証言が作り話だったという結論が出ただけでしょ。

確かに斉州島における秦氏らの調査は(小学生の自由研究並のたった5人だけの聞き取り調査ですが)右派にとって意義あるものだったと思います。そして吉田証言を覆す成果があったのは事実です。ただ膨大な数の証言のひとつに過ぎません。

ナヌムの家の元慰安婦たちの証言以外にも多くの証言記録が残っています。
ただ今となってはその証言の多くは裏づけが取れません。だからといって信憑性に多少の疑問を持つだけで、断定的に否定することも難しいのではないでしょうか?
証言を得た地域、年、証言者の属性、記録した人や組織などは多岐に渡っています。それらの全てが組織的な背景があり、誰かの意図が反映した証言という事ではありません。


彼が言うには「慰安婦の人たちに人権があるように、当事の官憲にも人権はあります。たった一つの事例であたかも官憲が組織だって「強制」したかのように受け取られる のは、官憲の人権侵害です。」
組織だってと理を入れるのも不自然ですね。あざとく逃げ道を作っていますね。
慰安婦と官憲の人権を対比するのに組織は関係ないでしょう。
いずれにせよたった一つの事例で強制連行を否定するとは自己矛盾を起こしています。

このように一つの事例で慰安婦制度を語るのが右派の常套手段です。

アメリカをはじめ諸外国は吉田証言だけでなく多数の証言記録から強制性を認めています。それに対して西岡氏の論法が通用する訳がありません。
それとも膨大な証言・間接的資料を元に自ら調査研究した別の成果があるとでも言うのでしょうか?彼は大学教授の肩書きがありますが、慰安婦研究者としての実績はほとんどなく、ただの右派コメンテーター・アジテーターに過ぎません。
ネトウヨ諸君は朝日誤報を大喜びしていますが、問題はそう単純ではありませんよ。

ネトウヨは朝日新聞を目の仇にしていて、「廃刊に追い込もう!」なんて威勢のいい言葉を吐いていますが、産経・読売も当初吉田証言を報道しているのですよ。
朝日の肩を持つつもりはありませんが、ネトウヨ君の言動を見ていると昔の新左翼の出来もしないスローガンと何等変わりませんね。
産経新聞も部数を減らしているそうじゃありませんか?ここは口先ではなく産経新聞販拡ボランティアでもしてみてはどうですか?


警察官の多くは朝鮮人だったので、業者と裏取引をしていた事も想像できますが、仮にそんな事があったとしても日本の統治下であった訳で日本はその責任から逃れる事はできませんよね?

「 慰安婦は半年も働けば一軒屋が買えるほど、金を稼ぎました!
極悪非道朝鮮人慰安婦業者が悪いのです!
また、娘を極悪非道朝鮮人慰安婦業者に金で売った売春婦の親が悪いのです!
娘が強制連行されたなどと騒いだ親は当時一人もいません!
当たり前です!巨額の前金を貰っていたのは、その親本人です!!
悪いのは全部朝鮮人自身です!
強制連行などと言っている慰安婦は全部嘘を付いています!
息を吐く様に嘘を言う朝鮮人だから当然です!
慰安所の経営者も朝鮮人です!
日本人相手にオイシイ商売をしていました!」

と発言している単純右細胞のネトウヨにあきれて物が言えませんが、朝鮮人主犯説って大体こんなもんでしょうね。しかし朝鮮総督府・日本軍が免責されるその証拠や根拠が示されなければただの妄言。
!を多用するヒステリックなレイシストです。
そういう人は会社の社長はおろか、まともな上司にもなれませんね。失敗や違法行為のすべてを従業員や取引先のせいにして自ら責任を感じることがないんだから。勿論スポーツにおいても監督や主将にはなれませんね、いや普通の選手にだってなれませんよ。一生社会的に無責任な態度で通すことでしょう。
残念なことに社会にはこんな人もいますが、私は多くの誇りある日本人はもっと理性的で責任感のある考えの持ち主だと思っています。

「朝鮮人の男性達は、どこで、何をしていたんだろうか?当時の朝鮮の人口と、現在の米国の人口約 3 億余人を比率換算した場合は、米国人女性 300 万人に匹敵する。300 万人の女性が米国の中から、売春をさせるために強制的に連れて行かれたとして、おとなしく従うだろうか?」
とのトニー・マラーノ氏の主張には一定の説得力があるように思えますが、根拠となる人数を誤認しています。

北朝鮮が国連で主張した朝鮮半島婦女子20万人の強制連行なんて私も信じていませんよ。でも7年間で延べ数百人単位なら歴史の中に埋もれてしまったのかも知れません。残念ながら西岡力氏のように0であったかのように断定するには、その証明がないと納得できないのです。

しかしも韓国の「公式見解」は慰安婦20万人(最大)という主張で「朝鮮人慰安婦20万人」と言ってはいないのに(そりゃ韓国人の誰かが言ったのかは知りませんが)それを否定しても意味がありません。
また2007年に韓国の各市議会で採択された慰安婦問題についての決議には20万人の人数さえ書かれてありません。 



 

仮に慰安婦の身分自体は百歩譲って仮に違法ではなかったとしても、そのマネジメントにおいての違法性は認識すべきだと思います。
 
その点では橋下大阪市長が主張する「各国も戦時には同様の制度があった」「兵のレイプを防ぐには必要だ」「なにも日本だけが非難されるべきでは無い」という点もその視点が欠落していて、言い逃れの為だとの反発もあります。