慰安婦問題の疑問点 それってウソでしょ

当ブログは主に日本のネット上でのウソを検証しているので、世界中(特に韓国や中国、欧米の主要メディア)のウソを検証してはいません。

2015年06月

マイケル・ヨン氏に騙されるな

 マイケル・ヨン氏の記事を古森義久氏やケント・ギルバート氏によって拡散されたウソを検証しましょう。

アメリカのIWG報告について、ヨン氏は「これだけの規模の調査で何も出てこないことは『20万人の女性を強制連行して性的奴隷にした』という主張が虚構であることを証明した。日本側は調査を材料に、米議会の対日非難決議や国連のクマラスワミ報告などの撤回を求めるべきだ」と語った。産経新聞2014/11/27(ワシントン駐在客員特派員・古森義久)


t02200340_0640098813144045033

マイケル・ヨン氏、イラク戦争に行って以来、その活動は近年あまり知られていないようです。タイ在住。
英語バージョンのWikipediaでは古森氏らが言うような著名なジャーナリストというには違った印象を持ちます。そして写真を検索してもほとんどこの写真ばかりです。
池田信夫氏に至っては、どういう訳か「 このマイケル・ヨンって別に著名じゃなくて、彼の「記事」もFacebookの投稿だけ。」とTwitterでつぶやいています。

実は数ヶ月前まで私も彼らの言うIWGの調査によって「慰安婦強制連行はなかった・性奴隷ではなかった」という記事をほとんど信用していました。でも数々の事例により右派の主張する内容があまりにも稚拙で、「捏造・妄想」という彼らの常套句が、実は彼らの主張が逆にそうであったと思うようになって、改めて検証しなければならないと思うに至りました。





マイケル・ヨン氏の主張を多くのネトウヨがコピペしてネット拡散しています。
Youtubeやニコ動も小銭稼ぎのためにUPしている輩も多いので、ネットでは「IWGの件」は慰安婦否定デフォのような様相です。

「不都合な真実」に目を向けず「左翼・反日・在日・非国民・売国奴」の一言で、まっとうな反論を拒否したり、反証を提示もせず隅っこの言葉尻だけで 自分の考えにこもるネトウヨ君に、もう一度問いたいのです。

私が騙されていた内容について事実をここに提示します。

マイケル・ヨン氏が述べた

「After nearly seven years with many dozens of staff pouring through US archives -- and 30 million dollars down the drain -- we found a grand total of nothing.」


約7年近くを掛けて、多数の米政府職員の人員を注ぎ過去の公文書を調べたがー3000万ドルが無駄に費やされたー有力な証拠は結局見つからなかった。

という文章を古森氏は
慰安婦問題などを8年もかけて調べた。だが、慰安婦制度の犯罪性や強制連行を示す米政府や軍の書類は一点も発見されなかった。」と書いています。
何故7年近くが8年になったかは誤訳ではなく姑息なかさ上げに違いありません。中学生でも7を8と間違えませんよ。「大体英文までネトウヨや産経新聞読者層は読まないから」としか思えないバカにした発言は前にも指摘しましたが、本当に信用できない人です。

ケント・ギルバート氏は
「約7年の歳月を掛けて、大勢の米政府職員や歴史学者が過去の公文書を徹底的に調査した結果、有力な証拠は何一つ見つからなかった。結局3000万ドルが無駄に費やされた。」
と訳し「歴史学者」という全く文中にない言葉を挿入し、あたかも調査がより厳密だったかのように装っています。
まあ脚色程度とバカにしてもいいのですが、彼らのつまらぬ体質はどうにかなりませんかね。

そもそもこのIWGの調査と言うのは「慰安婦」だけを調査した訳ではありませんでした


「Nazi War Crimes & Japanese Imperial Government Records Interagency Working Group」の表題どおり「ナチの戦争犯罪と大日本帝国の記録」の省庁間作業部班報告書であって慰安婦に特化したものでもなく、調査された機密解除がなされた文書の総量は850万ページに及んだといい、このうち14万ページ分が日本に関する文書であったそうです。ほとんどはナチ関連文書だったわけです。

それを「慰安婦調査に7年の歳月と3000万ドルを費やしても、慰安婦の「強制連行」や「性奴隷」を裏付けるものは見つからなかった」と超歪曲しているのです。
文書量で按分すれば49万ドルあまりが日本の記録に費やされたという事で、しかも慰安婦だけの調査ではありませんでした。調査日数にしても按分すれば7年じゃなく42日分しか費やされていない訳です。



「米国の機密指定解除がなされた42万ページの「大日本帝国の記録」を49万ドル相当の費用と一月半相当を要して省庁間作業部班が調査したが、その中から慰安婦関連の新たな発見はほとんど見つからなかった。」
と解釈するのが正解でしょう。
The IWG uncovered and released few Asian theatre records」と報告書に書かれてあります。
直訳すれば「IWGは僅かばかりのアジア戦域での記録を明らかにし、発表した」ということで、古森氏が「一点も発見されなかった」というのは、非常におかしい。
ここでも産経新聞読者層とネトウヨは英文を読まないという先入観があるのがわかります。いいかげんな記事です。その文を見落としたとしても、一点も見つからないとは勝手な想像でしかないでしょう。

さらに「慰安婦が高給だったとか慰安婦は売春婦だった」という文書
見つかったと、報告書にはないウソをマイケル・ヨン氏は垂れ流しています。所謂「ミッチナ捕虜尋問調書」のことを言っているのでしょうが、既知の文書はレポートに書いていない筈です。IWG報告書を精査していませんが、もし誤りならご指摘ください。


ちなみに報告書の139ページの内ほとんどが文書の調査方法やIWGの組織・スタッフの説明で、調査例としてナチス関連を挙げ、ほんの僅かのページだけが日本関連ということです。
IWG報告書
http://www.archives.gov/iwg/reports/final-report-2007.pdf


iwc

「米国公文書に慰安婦関連では新たな発見がほとんど見つからなかった証拠」には違いありませんが、アメリカ国内だけでなく日本を含め諸外国の公開された公文書や既知の文書・証言記録は報告の対象外だったのを、完全に無視した主張です。

IWG報告提出2007年4月の前に2007年3月26日「慰安婦問題に関する対日非難決議案」がアメリカ下院に提出されました。

IWG報告に新たな発見がなかったとしても、むしろ歴史事実は覆らない※1と「慰安婦問題に関する対日非難決議案」がアメリカ下院で7月30日に全会一致で可決されています。121号

IWGの最終報告書が完成した2007年4月には、Larry Nikschによる報告書「Japanese Millitary’s ”Comfort Women” System」が提出されており、それまでに知られていた資料で十分に日本軍慰安婦を非難に値する人権侵害であると示しており、その結果として対日非難決議が可決されたわけです。

before confort
マイケル・ヨン氏や古森氏はこの文書の存在を無視しています。

注目すべき点として上記報告書に以下の記述があります。
「There were apparent cases of coercion by private recruiters for the military, but "it was not as though military police broke into people's homes and took them away like kidnappers," and "testimony to the effect that there had been a hunt for comfort women is a complete fabrication.」
「慰安婦狩りに関しての吉田証言」と思われる「慰安婦ブローカーが強制したケースや憲兵が家屋に侵入し、誘拐犯のように連行したりしたと言う証言内容」は”complete fabrication”「完全なでっち上げ」と安倍首相の発言を取り上げ分析しています。(10/16追記)





「日本軍はおそらくほとんどの徴募を直接に実行はしなかっただろう。特に朝鮮半島ではそうだった」との記述で朝鮮半島での日本軍の「強制連行」を認めている訳ではありません。

しかし「安倍政府の軍による強制連行の否定は1992年から1993年に政府が行った調査で得られた元慰安婦の証言やタナカ・ユキの本『Japan's Comfort Women』に記載されているアジア諸国出身の200人近い元慰安婦の証言や400人以上のオランダ人の証言と矛盾している。」と留保を入れています。(10/16追記)


2007年に米国さえも「吉田証言」を捏造との見解は認識していた
わけですから、今さらそれを捏造記事と騒いでも、アメリカは勿論国際社会にはなんら影響を与えず、むしろ古い話を持ち出せば更に恥をかくだけです


米下院決議の起草者の一人でもあるLarry Niksch氏が、「吉田証言が慰安婦問題の国際世論に影響を与えた決定的な要素だったという主張は、ほとんど正当化されない」とのべ、次のように強調していることです。

 「歴史修正主義者は、河野談話を攻撃し、慰安婦の強制的な募集がなかったと主張するために、吉田証言のウソを利用している。国際世論には、吉田証言をはるかにしのぐ複合的な証拠が影響している」



6439c894-s




「Most estimates of the number of these "comfort women" range from 50,000 to 200,000.」

慰安婦は5万~20万人と推定しています。20万人と断定もしていません。



アメリカ合衆国下院121号決議には次の記述があります。
「日本政府は1930年代から第2次世界大戦後に至るまで、アジア諸国や太平洋の島々を植民地化したり、戦時に占領した過程において、日本帝国主義軍が強制的に若い女性たちを「慰安婦」と言われる性の奴隷にしたことを、事実として明確な態度で公式に認め、謝罪し、歴史的な責任を取らなければならない。」 

別に「強制連行」や慰安婦が「20万人」と断定的に書かれてありません。
書かれていないことを「虚構」と言って撤回せよとは誰が考えてもおかしな話じゃありませんか?




ネトウヨ君、たとえば日本考古学界・歴史学界の総力と莫大な研究費を投じ「日本書記」や「古事記」を裏付けるような文書探しに7年を費やしたが、新たな文書等は発見出来なかったなら、「神武天皇はいなかった」「壬申の乱は虚実だった」「古代朝廷は代々帰化人だった」と言う説を信じるのですか?「本居宣長を歴史書から抹殺せよ」と言いますか?

※1新たな文書が見つかって歴史が変わったことがあっても、新たな文書が発見されなかったからと言って、過去の歴史評価が覆るはずがありません。


情報戦だとか歴史戦だとかぶち上げるネトウヨ君、使いふるされた「ミッチナ捕虜尋問所の一部(しかも捕虜になった日本人2名の証言)」をマイケル・ヨン氏と同様に、いまだに金科玉条のように扱っているのもどうかなと思いますよ。もう使い道ないのを自覚しないとダメですね。
素人の私でさえ、全文読めばネトウヨ君の思うような内容じゃないとわかりますよ。歪曲されたウヨクの主張を吟味すればすぐにわかることですが、まさかネトウヨ君は膨大な史料に目を向けないで情報戦に勝てるとでも思っているのでしょうか?

「いずれ神風が吹く!絶対に皇国が負けるわけがない。それまでの辛抱だ。」と自己知識のアップデートを怠り「レーダーも暗号解読もイクサの武器じゃない。大和魂があれば敵を駆逐できる。」と開き直るのであれば、もう国際社会と対峙出来ないのは明白ですし、情報戦に勝てるはずがありません。
劣化した一周遅れの使い廻しの主張をネットで拡散すればいいというものではないと思いますよ。

マイケル・ヨン氏に騙されるな その2

http://senbonzakura.blog.jp/archives/33606649.html

マイケル・ヨン氏に騙されるな その3
http://senbonzakura.blog.jp/archives/56572251.html


 

北岡伸一氏は反省すべきでしょう

北岡伸一氏が6月3日付毎日新聞紙上でインタービューに答えています。

kitaoka


−−米国などの日本研究者や歴史家の声明をどうみますか。

「今回きっかけの一つになった米マグロウヒル社の高校教科書の「慰安婦」を巡る記述はひどいものです。日本政府が訂正を求めたことは理解できますが、やり方が下手でした。ただ最初に出された「国家による圧力に反対する」という日本政府を批判する20人の声明(今年3月)は問題です。「慰安婦」の数を20万人と断じています。今度の457人の声明はもっと穏健で、中韓にも責任があるとか、永久に正確な数字の確定は難しいなどと書いてありますが、前の声明に署名した人が、なぜ同時にこれに署名できるのでしょうか。」

これって 古森義久氏の主張とほぼ同じですね。というか、そのままコピーしたような発言です。
改めて「声明」を確認しましたが、やはり20万人を断定した部分はありません。
「ダデン教授らは教科書内容の修正を拒否している。従って20万人を断定しているのと同じだ。」「その人物が署名に名を連ねている声明は20万人を断定している。」という論法のようですが、非常に無理があります。いくらこじつけてもそれは感情的に歪曲したに過ぎないでしょう。
「声明」には一切書かれていないので 読者には大きな誤解を与えます。

ネット上の戯れ言と大新聞での発言では意味が違います。北岡氏はもう一度「日本政府を批判する20人の声明(今年3月)」を真面目に読み直して自己の過ちを訂正して欲しいものです。
そして無批判に他人の見解をコピーした事を反省すべきです


もう一点、確かに日本人としてはマグロウヒル社の教科書にはひとこと言いたいと思うのが普通でしょうが、学者なら、それ以前に国家権力がそれに介入することの方がどれだけ問題なのかを考えるべきです。 

 

ギャラリー
  • テキサス親父のペテン
  • テキサス親父のペテン
  • テキサス親父のペテン
  • 「戦況悪化で朝鮮人女衒に捨てられた慰安婦」のウソと虐殺事件
  • 「戦況悪化で朝鮮人女衒に捨てられた慰安婦」のウソと虐殺事件
  • 「戦況悪化で朝鮮人女衒に捨てられた慰安婦」のウソと虐殺事件
  • 「戦況悪化で朝鮮人女衒に捨てられた慰安婦」のウソと虐殺事件
  • テキサス親父のウソ
  • テキサス親父のウソ
コメントは歓迎しますが、当ブログに関係ない嫌韓ネタや記事に直接関係ないもの。その他極端な誹謗中傷・脅迫・ヘイトなどは独断で削除します。
謝罪や賠償問題は当ブログのテーマではないので、それらに関するコメント書き込みも削除する場合があります。また「強制連行」を否定する主張は当ブログのテーマとは関係ありませんので受付ません。