慰安婦問題の疑問点 それってウソでしょ

当ブログは主に日本のネット上でのウソを検証しているので、世界中(特に韓国や中国、欧米の主要メディア)のウソを検証してはいません。

2015年05月

「日本の歴史家を支持する声明」 欧米で賛同者増えて計457人

「日本の歴史家を支持する声明」 欧米で賛同者増えて457人の意味


今回はまず古森義久氏のブログ「歴史学者187人の声明は反日勢力の「白旗」だった」について感想を述べたいと思います。



「 マクロウビル社の教科書の問題部分を執筆したハワイ大学ハーバート・ジーグラー准教授ら合計19人が、今年3月に連名で反発の声明を出した。(略)しかし今回慰安婦問題についての主張が驚くほど後退したと」見解を述べています。
そして反日勢力の「白旗」だったと結論づけています。

「慰安婦の数も同様に「正確な数は分からない」という。では「20万人」という明確な数字はどうなったのか。これまたダデン氏らは、つい2カ月前の声明で断定していた。こういう人たちは自分自身を学者と呼ぶのなら、その良心に従って非を認めるか、あるいは少なくともこの3月と5月の声明の大きな矛盾について説明すべきだろう。」


なるほど19人に限って非難しただけでいいのでしょうか?
問題をそこにもっていきますか?残りの100人以上の考えは頭にないようです。
秦氏のたった2万人という意見も包括した内容ですよ。

その秦氏は「19人声明」の反論として開いた外国特派員協会記者会見での発言で、突然海外日本軍100万人と全く根拠も無い主張をし、今までの自説を曲げています。

1993年300万人(慰安婦数9万人)・1999年250万人(慰安婦数2万人)2015年100万人


今回の「声明」以前の話ですよ、本来なら秦氏にその良心に従って非を認めるか、大きな矛盾について説明を求めなければなりませんが、氏は全くそんな姿勢を微塵も見せていません。 
従って先の意見は片手落ちというより、彼の信念のない思いつきによる単なるイチャモンです。


 「さらに今回の声明には、米側でおなじみの「性的奴隷」という言葉もなかった。「日本軍の強制連行、徴用」という言葉も消えていた。正しい主張をする日本の当事者たちを「修正主義者」や「右翼」とののしることもなかった。ほぼ唯一記された同趣旨の言葉は「ナショナリスト(民族主義者)」だった。慰安婦問題は「民族主義的な暴言によっても、あまりにゆがめられてきました」という記述である。ただし、従来のように日本だけに向けられたものではなく、中国や韓国の民族主義も批判の対象に含めている点が注目に値する。」



右派には直感的に嫌悪感を覚える「用語」を避けたのも理由があると思います。声明の「特定の用語に焦点をあてて狭い法律的議論を重ねること」を否定的に述べている文節は氏のような態度を見せる人に対する皮肉にも思えます。但し「用語」を使用せずとも、それと同義的な言い回しで、強制性や奴隷性については記述されているのですが、氏はその点について否定することはなかったようです。




「誤った主張には断固として反論を続けることが必要」としていますが、日本政府「外務省」が直接修正要求を行ったという事は即ち「検閲じゃないか」との反発には触れていません。
「声明」の発表の動機について何にも考えていないのは、隅っこの内容を重要視した全くお話にならない記事です。

「以上のように、今回の187人の声明を見る限り、慰安婦問題に関するダデン氏らの年来のプロパガンダ的主張は全面的に退けら
れた形となった。日本側の事実に基づく主張が、遠まわしの形にせよ認められたことになる。その点では、実はこの声明は慰安婦問題で日本を叩いてきた勢力が揚げた白旗だとも言えよう。だからこそ、これまで日本糾弾に加わってこなかった研究者たちまでが今回の声明には名を連ねたということなのだろう。」

確かに「19人声明」とは表現方法は少し異なりますが、全ての学者が全く同じ研究成果を導いているわけじゃないですし、全く同じ見解という事もありません。当たり前過ぎてここで言うのもはばかりますが、全ての学者の総意です。いわば最大公約数の意見な訳です。大同小異という言葉を知らない氏の偏狭さがわかる意見です。
それを自説を曲げたとか白旗を揚げたとはどんな狭い了見をしているのでしょう。

「今回の声明を大きく報道した朝日新聞はもちろんこうした部分には触れていない。だが米側のダデン氏ら19人の3月の声明に反論していた日本側の秦郁彦氏や西岡力氏らにとっては目にみえる成果だと言えよう。やはり歴史問題では、誤った主張には断固として反論を続けねばならないということでもあろう。」


「声明」に直接的には書かれていませんが、日本政府による他国教科書への「干渉」に対しての批判的意見や「学問の自由」についての主張など、今回の声明の中で示された部分はもっと重要視された方がいいだろうと思います。
産経新聞はもちろんこうした部分には触れていません。

457人という数字はさらにそのことの重要性を物語っているのではないでしょうか?
右派は「19人声明」がより「薄まった」と喜んでいるのでしょうか?

 

「日本の歴史家を支持する声明」 欧米で賛同者増えて計457人 署名者一覧

Japan Scholars Open Letter (Additional Signatures)
* Jessamyn Abel, Assistant Professor, Pennsylvania State University  
* David Ambaras, Associate Professor, North Carolina State University
* Els-Marie Anb?cken, Associate Professor, Malardalen University
* Makiko Andro-Ueda, Associate Professor, French Institute of Oriental Languages and Civilizations   
* Olivier Ansart, Senior Lecturer, The University of Sydney            
* Noriko Aso, Associate Professor, University of California, Santa Cruz        
* Reijiro Aoyama, Lecturer, Community College of City University of Hong Kong    
* Reiko Abe Auestad, Professor, University of Oslo
* Cemil Aydin, Associate Professor, University of North Carolina, Chapel Hill      
* Erica Baffelli, Senior Lecturer, University of Manchester
* Bruce Baird, Associate Professor, University of Massachusetts, Amherst
* Bruce Batten, Professor, J.F. Oberlin University
* Anne Bayard-Sakai, Professor,  French National Institute of Oriental Languages and Civilizations   
* Harumi Befu, Professor Emeritus, Stanford University                                
* Annegret Bergmann, Assistant Professor, Freie Universit?t Berlin           
* Noriko Berlinguez-Kono, Associate Professor, University of Lille 3    
* Joanne Bernardi, Associate Professor, University of Rochester                
* Andrew Bernstein, Associate Professor, Lewis and Clark College
* Verena Blechinger-Talcott, Professor, Freie Universitaet Berlin        
* Catharina Blomberg, Senior Lecturer, Stockholm University                 
* Beata Bochorodycz, Associate Professor, A. Mickiewicz University in Poznan, Poland           
* Beatrice M. Bodart-Bailey, Professor Emerita, Otsuma Women's University
* S?bastien P. Boret, Assistant Professor, Tohoku University        
* Gunhild Borggreen, Associate Professor,  University of Copenhagen          
* Amy Borovoy, Associate Professor, Princeton University         
* Heather Bowen-Struyk, Visiting Assistant Professor, University of Notre Dame      
* Richard Bowring, Professor Emeritus, University of Cambridge
* Lorie Brau, Associate Professor, University of New Mexico
* John Breen, Professor, International Research Center for Japanese?Studies, Japan     
* Erin L. Brightwell, Visiting Associate Professor, Hiroshima University       
* Claire-Akiko Brisset, Assistant Professor  Paris Diderot University?       
* Adam Broinowski, Postdoctoral Research Fellow, The Australian National University   
* Adam Bronson, Assistant Professor, Salisbury University
* Philip Brown, Professor, The Ohio State University            
* Christoph Brumann, Professor, Max Planck Institute for Social Anthropology, Halle      
* Julia Bullock, Associate Professor, Emory University
* Dana Buntrock, Professor, University of California, Berkeley  
* Ian Buruma, Professor, Bard College
* Charles Cabell, Associate Professor, Toyo University
* Lonny Carlile, Associate Professor, University of Hawaii, Manoa
* Peter Cave, Lecturer, University of Manchester         
* Janet Chen, Associate Professor, Princeton University
* Heekyoung Cho, Assistant Professor, University of Washington                       
* Alan Christy, Associate Professor, University of California, Santa Cruz
* Andrew Cobbing, Associate Professor, University of Nottingham         
* Harald Conrad, Lecturer, University of Sheffield      
* Madalena N.H. Cordaro, Associate Professor, University of S?o Paulo         
* Nina Cornyetz, Associate Professor, New York University
* Ann Marie Davis, Assistant Professor, Connecticut College      
* Christina Davis, Professor, Princeton University
* Kristine Dennehy, Professor, California State University, Fullerton        
* Wiebke Denecke, Associate Professor, Boston University
* Chad R. Diehl, Assistant Professor, Loyola University Maryland           
* Stefania Dimitrova, Professor, Center for International Research in Education and Culture, Bulgaria    
* Claire Dodane, Professor, Universit? de Lyon     
* Stephen Dodd, Senior Lecturer, SOAS, University of London
* Arnaud Doglia, Postdoctoral Research Fellow, University of Cambridge
* Angela Dragan, Lecturer, “Dimitrie Cantemir” Christian University         
* Jonathan Dresner, Associate Professor, Pittsburg State University
* Eddy Dufourmont, Associate Professor, University Bordeaux Montaigne
* Paul Dunscomb, Professor, University of Alaska, Anchorage   
* Peter Eckersall, Professor, The Graduate Centre, CUNY                 
* Carter Eckert, Professor, Harvard University
* Maren Ehlers, Assistant Professor, University of North Carolina-Charlotte       
* Robert Entenmann, Professor, St. Olaf College    
* Alfonso Falero, Professor, Universidad de Salamanca
* Stanley Falk, Independent Scholar
* Michael Fisch, Assistant Professor, University of Chicago
* Darryl Flaherty, Associate Professor, University of Delaware
* Linda Flores, Associate Professor, University of Oxford                     
* Winfried Fluechter, Professor, University of Duisburg-Essen    
* Matthew Fraleigh, Associate Professor, Brandeis University                         
* Alisa Freedman, Associate Professor, University of Oregon    
* Laurie Freeman. Associate Professor, University of California, Santa Barbara
* Dan Fujiwara, Associate Professor, Toulouse - Jean Jaur?s University      
* Hiroomi Fukuzawa, Former Lecturer, Freie Universitaet Berlin      
* Christian Galan, Professor, University of Toulouse Jean Jaur?s/CEJ-Inalco  
* Jasmina Gavrankapetanovic-Redzic, Assistant Professor, University of Sarajevo
* Barbara Geilhorn, Postdoctoral Fellow, Waseda University
* Aaron Gerow, Professor, Yale University              
* Andrew Gerstle, Professor, SOAS, University of London
* No?mi Godefroy, Postdoctoral Fellow, Harvard University   
* Janet Goodwin, Associate in Research, University of Southern California
* Chris Goto-Jones, Professor, Leiden University          
* Owen Griffith, Associate Professor, Mount Allison University
* Jennifer Guest, Associate Professor, University of Oxford
* Samuel Guex, Assistant Professor, University of Geneva       
* Christine Guth, Head of Programme, Royal College of Art                      
* Fabio Gygi, Lecturer, SOAS, University of London
* Linus Hagstr?m, Professor, Swedish Defense University    
* Yukiko Hanawa, Senior Lecturer, New York University         
* Ehud Harari, Professor Emeritus, The Hebrew University of Jerusalem    
* Thomas Hare, Professor, Princeton University
* Barbara Hartley, Senior Lecturer, University of Tasmania  
* Daniel Hedinger, Research Fellow, Ludwig-Maximilians-Universit?t M?nchen
* Nadin He?, Professor, Freie Universit?t Berlin and Max Planck Institute?
* Wolfgang Herbert, Professor, University of Tokushima                       
* Ryuen Hiramatsu, Lecturer, Suan Sunandha Rajabhat University      
Eri Hotta, Independent Scholar            
* Mark Hudson, Professor, Nishikyushu University                           
* Nam-lin Hur, Professor, The University of British Columbia
* Pedro Iacobelli, Assistant Professor, Pontifical Catholic University of Chile
* Heide Imai, Assistant Professor, Hosei University
* Marilyn Ivy, Associate Professor, Columbia University
* Noriko Iwasaki,?Senior Lecturer, SOAS, University of London
* D. Colin Jaundrill, Assistant Professor, Providence College    
* Paul Jobin, Associate Professor, University of Paris Diderot      
* Muriel?Jolivet, Professor, Sophia University              
* Jacques Joly, Former Professor, Saint-Thomas University
* Noriko Kamachi, Professor Emerita, University of Michigan, Dearborn         
* Thomas Keirstead, Professor, University of Toronto        
* Eleanor Kerkham, Professor Emerita, University of Maryland, College Park    
* Yuko Kikuchi, Reader, University of the Arts London     
* Kyu Hyun Kim, Associate Professor, University of California, Davis     
* Sung Shin Kim, Associate Professor, University of North Georgia
* Griseldis Kirsch, Lecturer, SOAS, University of London
* Orion Klautau, Associate Professor, Tohoku University
* Susanne Klien, Associate Professor, Hokkaido University         
* Hisae Kobayashi, Senior Lecturer, Connecticut College
* Yukiko Koga, Assistant Professor, Hunter College-CUNY                           
* Pekka Korhonen, Professor, University of Jyv?skyl?          
* Peter Kornicki, Professor, Robinson College, Cambridge
* Mindy Kotler, Independent Scholar
* Sarah Kovner, Senior Research Scholar, Columbia University    
* Rotem Kowner, Professor, University of Haifa                   
* Hans Martin Kr?mer, Professor, Heidelberg University               
* Gerhard Krebs, Former University Teacher, Waseda and Berlin Free University 
* Josef Kyburz, Senior Research Fellow, Coll?ge de France
* Erick Laurent, Professor, University of Economic Sciences of Gifu            
* Michael Laver, Associate Professor, Rochester Institute of Technology   
* Jane-Marie Law, Associate Professor , Cornell University
* Radu Leca, Senior Teaching Fellow, SOAS, University of London                  
* Sebastien Lechevalier, Associate Professor, EHESS                             
* Jinhee Lee, Associate Professor, Eastern Illinois University
* Mark Levin, Professor, University of Hawaii, Manoa   
* Gregory Levine, Associate Professor, University of California, Berkeley
* Christine L?vy. Associate Professor, Universit? de Bordeaux Montaigne       
* Indra Levy, Associate Professor, Stanford University
* Ann-Elise Lewallen, Assistant Professor, University of California, Santa Barbara  
* Michael Lewis, Professor, University of Sydney                          
* Edward Lincoln, Adjunct Professor, Columbia University     
* Jennifer Lind, Associate Professor, Dartmouth College               
* Tom Looser, Associate Professor, New York University                      
* Michael Lucken, Professor, INALCO
* Catherine Lynch, Emeritus Professor, Eastern Connecticut State University   
* Elissa Mail?nder, Associate Professor, Sciences Po, Paris
* Federico Marcon, Assistant Professor, Princeton University       
* Ethan Mark, University Lecturer, Leiden University                              
* Hajimu Masuda, Assistant Professor, National University of Singapore
* Susan Matisoff, Professor Emerita, University of California, Berkeley         
* Marlene Mayo, Professor Emerita, University of Maryland, College Park    
* Regine Mathias, Professor, Ruhr-Universit?t Bochum                       
* Kate McDonald, Assistant Professor, University of California, Santa Barbara    
* Mary McDonald, Professor, Geography, University of Hawaii, Manoa
* Mark McNally, Associate Professor, University of Hawaii, Manoa
* David Mervart, Profesor Visitante, Universidad Aut?noma de Madrid
* Helena Meyer-Knapp, Professor Emerita, The Evergreen State College          
* Paul Midford, Professor, Norwegian University for Science and Technology 
* Yulia Mikhailova, Professor Emeritus, Hiroshima City University            
* Kazuko Miyake, Professor, Toyo University
* Jun Mizukawa, Lecturer, De Paul University           
* Hiromi Mizuno, Associate Professor, University of Minnesota, Twin Cities
* Mike Molasky, Professor, Waseda University        
* Livia Monnet, Professor, University of Montreal   
* Robert Moore, Professor, Rollins College
* Nagisa Moritoki, Professor, University of Ljubljana
* Hiromu Nagahara, Assistant Professor, Massachusetts Institute of Technology    
* Stephen Nagy, Associate Professor, International Christian University?     
* Siegmar Nahser, Senior Curator, Staatliche Museen zu Berlin
* Koichi Nakano, Professor, Sophia University 
* Ian Neary, Professor, Oxford University      
* Andreas Niehaus, Professor, Ghent University
* Julia Obinger, Lecturer, University of Zurich    
* Akihiro Ogawa, Professor, Stockholm University
* Bonnie Oh, Professor Emerita, Georgetown University
* Lisa Onaga, Assistant Professor, Nanyang Technological University    
* Yasuko ?no-Descombes, Associate Professor, University of Orleans, France  
* Morten Oxenboell, Assistant Professor, Indiana University, Bloomington          
* Hyung Il Pai, Professor, University of California, Santa Barbara     
* Rajyashree Pandey, Reader, Goldsmiths, University of London         
* Stylianos Papalexandropoulos, Professor, University of Athens        
* Eric Pauer, Professor Emeritus, University of Marburg   
* Mark Pendleton, Lecturer, The University of Sheffield
* Chris Perkins, Lecturer, University of Edinburgh    
* Matthias Pfeifer, Associate Professor, University of Shizuoka?
* Karoline Postel-Vinay, Professor, National Foundation for Political Science, Paris    
* Jenny Preston, Early Career Fellow, SOAS, University of London       
* Giulio Pugliese, Assistant Professor, Heidelberg University       
* Ian Rapley, Lecturer, Cardiff University 
* Rein Raud, Professor, University of Helsinki
* Ian Reader, Professor, Lancaster University         
* Richard Reitan, Associate Professor, Franklin & Marshall University           
* Andrea Revelant, Assistant Professor, Ca' Foscari University of Venice
* Manfred Ringhofer, Professor, Osaka Sangyo University                
* Glenda S. Roberts, Professor, Waseda University                             
* Kerry Ross, Assistant Professor, DePaul University
* Carina Roth, Lecturer, University of Geneva      
* Joshua Roth, Professor, Mount Holyoke College          
* Frank Roevekamp, Professor, Ludwigshafen University
* Brian Ruppert, Associate Professor, University of Illinois, Urbana-Champaign  
* Ian Ruxton, Professor, Kyushu Institute of Technology
* Naoki Sakai, Professor, Cornell University    
* Julia Sapin, Associate Professor, Western Washington University          
* Yasuko Sato, Assistant Professor, Lamar University
* Gay Satsuma, Associate Director / CJS, University of Hawaii, Manoa          
* Ethan Scheiner, Professor, University of California, Davis
* Irwin Scheiner, Professor Emeritus, University of California, Berkeley
* Anke Scherer, Professor, Cologne Business School
* Jan Schmidt, Lecturer, Ruhr-Universit?t Bochum          
* Michael Schneider, Professor, Knox College
* Leonard Schoppa, Professor, University of Virginia
* Philip Seaton, Professor, Hokkaido University 
* Eric Seizelet, Professor, Paris-Diderot University    
* Constance Sereni, Assistant Lecturer, University of Geneva                       
* Peter Shapinsky, Professor, University of Illinois, Springfield
* Ann Sherif, Professor, Oberlin College           
* M.G. Sheftall, Professor, Shizuoka University       
* Naoko Shimazu, Professor, Birkbeck University of London
* Ekaterina Simonova-Gudzenko, Professor, Moscow State University            
* C. Douglas Slaymaker, Professor, University of Kentucky
* Martyn Smith, Senior Teaching Fellow, SOAS, University of London
* Ivo Smits, Professor, Leiden University             
* Pierre F. Souyri, Professor, University of Geneva
* Maik H. Sprotte, Postdoctoral Research Fellow, University of Halle-Wittenberg
* Amy Stanley, Associate Professor, Northwestern University   
* Raji C. Steineck, Professor, University of Zurich                             
* Patricia Steinhoff, Professor, University of Hawaii, Manoa    
* Arthur Stockwin, Professor Emeritus,Oxford University                   
* Robert Stoltz, Assistant Professor, University of Virginia  
* Rebecca Suter, Lecturer, The University of Sydney           
* John D. Swain, Independent Scholar
* Paul L. Swanson, Professor, Nanzan University   
* John Swenson-Wright, Senior Lecturer, University of Cambridge       
* John Szostak, Associate Professor, University of Hawaii, Manoa  
* Akiko Takenaka, Associate Professor, University of Kentucky
* Mariko Tamanoi, Professor, University of California, Los Angeles   
* Yuki Tanaka, Independent Scholar         
* Robert Tierney, Associate Professor, University of Illinois, Urbana-Champaign     
* Sarah Teasley, Head of Programme, Royal College of Art
* Mark Teeuwen, Professor, Oslo University          
* Noboru Tomonari, Associate Professor, Carleton College          
* Sharon Traweek, Associate Professor, University of California, Los Angeles      
* Kristina Troost, Japanese Studies Librarian, Duke University          
* Christian Uhl, Professor, Ghent University          
* Katja Valaskivi, Senior Research Fellow University of Tampere
* Constantine N. Vaporis, Professor, University of Maryland, Baltimore County
* Edward Vickers, Associate Professor, Kyushu University               
* Nata?a Viso?nik, Assistant Professor, University of Ljubljana    
* Maja Vodopivec, Assistant Professor, Leiden University          
* Steven Vogel, Professor, University of California, Berkeley            
* Gabriele Vogt, Professor, University of Hamburg           
* Carrie Waara, Professor, Castleton State College    
* Michael Wachutka, Professor, Tuebingen University        
* Franz Waldenberger, Professor, LMU Munich University                  
* Gavin Walker, Assistant Professor, McGill University               
* Neil Waters, Professor Emeritus, Middlebury College            
* Michael Watson, Professor, Meiji Gakuin University
* Torsten Weber, Senior Research Fellow, DIJ German Institute for Japanese Studies Tokyo  
* James Welker, Associate Professor, Kanagawa University
* Till Weingaertner, Visiting Scholar, Sophia University
* Merry White, Professor, Boston University  
* Leslie Winston, Independent Scholar    
* Ulrike W?hr, Professor, Hiroshima City University           
* Nobuko Yamasaki, Assistant Professor, Kenyon College  
* Timothy Yang, Assistant Professor, Pacific University  
* Akiko Yano, Research Associate, SOAS, University of London
* Kerim Yasar, Assistant Professor, The Ohio State University
* Karol Zakowski, Assistant Professor, University of Lodz                             
* Cynthia Neri Zayas, Professor, University of the Philippines
* Urs Matthias Zachmann, Professor, The University of Edinburgh



橋下発言 「兵のレイプを防ぐには必要だ」はホント?


慰安所は兵のレイプを防げたのか?

進駐先の部隊と一緒に「大勢の慰安婦が移動した」という例はナチスドイツ軍の例と第2次世界大戦後の仏植民地軍を除き、近代史上日本軍にしか見られない点が基地周辺の売春街や私娼を利用していた他国との違いで、だから諸外国では軍が連れ回したこと自体が即ち強制連行じゃなかったのかという考えが支配的です。
(業者が勝手について来たなんて子供じみた弁解は止めましょう。慰安婦の移動には軍が徴用・手配した船舶や車両を使用していた訳ですから)

でも「出張や海外転勤と変わらないから、そんな説はおかしい<`~´>」 と言う人もいますね。
拒否したら最悪クビになるかも知れませんが、当時慰安婦が拒否はできたとは思えません。 
拒否できたとしても、帰国の手段が保障されていた訳でもないでしょう。
拒否の自由が証明がなされない限り「慰安婦の保護規定」もなかった訳で、今のサラリーマンと同列に扱うのは、それこそ空論というべきじゃないでしょうか?
 
 
橋下市長の主張もその意見を覆すに至っていません。
 
それと慰安婦制度は日本兵の現地住民に対するレイプを防ぐために必要で「他国軍と違って人道的なシステムでもあった 」と橋本市長と同じ肯定的意見を述べる人に問いたいのは、本当にそうであったのかと言う事です。

じゃあ英米軍は日本軍と比べて現地女性に対する陵辱事件が日本軍に比べ格段に多かったのですか?確たる事実を証明する数字があるのですか?

これは無理な注文ですね。そもそも正確な比較しうるデータが存在しませんから。
何も英米軍が統制のとれた理性的な軍隊であったと言うのではありません。それについては後述します。

レイプを防ぐ有効な制度では無かったとする傍証はありますが、有効であったとするデータにはお目にかかった事がありません。それを証明する根拠が示されなければただの妄想でしかありません。




上記「支那事変ノ経験ヨリ観タル軍紀振作対策」1940年9月より引用します。

「支那事変勃発ヨリ昭和十四年末ニ至ル間ニ軍法会議二於テ処刑セラレシ者ハ掠奪、同強姦致死傷四二○、強姦、同致死傷三一二、賭博四九四ニ達シアリ」

1年5ヶ月の間に強姦致死傷の罪によって軍法会議で裁かれ有罪判決を受けた日本軍将兵の数が732人とは驚きです。この時既に慰安所は設置されていました。


 
china



中国で発見された山西省「
寿陽戦争損失敵禍統計」1946/7/9では姦淫被害者が2865人と記録されています。
寿陽県は現在でも人口21万人という小さな県です。
 http://trail.tsuru.ac.jp/dspace/bitstream/trair/665/1/%EF%BC%B9-018045.pdf
都留文科大学大学院紀要第18集2014/3 「中国・山東省における戦争記憶」
山東省における虐殺・性暴力について研究レポートです。



日本陸軍の陸軍刑法には強姦致死罪は規定されていましたが、1942年まで強姦自体を罰する規定はなかったので、単なる強姦はその数倍、数十倍あったとしても不思議ではありません。

「強姦してもなんにも罰せられんのやったら、オレらみんな強姦魔になってるやん」
西村眞悟氏は当時のことを理解していたから出た発言なのでしょう。(週刊プレイボーイ1999年11月2日号インタビュー)


ある妄想ネトウヨ※ブログでは「中には暴走する日本兵もいただろうが、それはごく一部であり、大多数の日本兵は世界でも稀有な規律の整ったお行儀の良い兵隊だったという。(そもそも露骨に暴走した兵には軍法会議が待っている)」と主張しています。ごく一部というのはどんな基準でモノを言っているのだろうか?

軍法会議にかけられ、処刑された兵だけでも1942年以降毎年7000人を超えています。全犯罪の70%程が上官に対する侮辱・暴行・殺人といわれています。強姦で死刑にはなりません。
「玉は前から飛んでくるとは限らない」とは有名な言葉です。「月夜の晩だけじゃないぞ」も同じような意味です。
戦闘のドサクサに紛れて「○○殿は名誉の戦死を遂げられました」で軍法会議にならずに済んだ例も多かったでしょう。
ヒエラルキーが最も堅固な組織は軍隊です。その軍において上官に逆らう犯罪が多かったのは、規律が相当乱れていた事になります。

陸軍軍人軍属犯罪
の史料を見れば具体例が多数挙げられています。ネトウヨ君の主張が妄想(ウソ)というのは、確かな証拠が残っているからです。

「韓国において1年間で約22,000件(2013年韓国警察庁)の強姦事件が発生している。それと比べると日本軍は割と少ないのではないか」との指摘もあります。

殺人は929件(同上)その中で強姦致死が50%を越えるとはまず考えられません。
当時の支那派遣軍は60万人~80万人と推定されますが、韓国男性はおよそ1,600万人(20~55才)日本軍は韓国男性のたった5%程度です。犯罪率は全く比較にならない位日本軍が高いでしょう。思いつきで韓国の性犯罪率の高さを言いたいが為に、つまらぬ墓穴を掘っています。

中国河北省で戦った朝鮮人兵士の
「そこで長く暮らしている人たちはその慰安婦のところには行きません。なぜかといえば、そこでなくてもちょっと行けば娘たちだらけですから。強姦するんです。」李栄薫著書による
という証言を根拠に朝鮮人悪玉説を唱える人がいます。でも本人の告白ではありません。

ふーん。当時朝鮮は独立国で朝鮮軍として日本軍と連合して中国戦線を戦ったのかい?オイラは皇軍兵士として従軍したと聞いてはいるが。
指揮命令系統が朝鮮軍にあったのですか?

ただ慰安所の数、慰安婦の数が多くなってからの検挙者数が減少したのか?という資料は見つけることができませんでした。実数が判明しその数が減っていれば右派が主張する根拠にはなり得ます。

しかし以下の記録からは決してそうではなかったと考えられます。

自ら慰安婦案の創設者と言う岡村寧次大将は「第六師団の如きは慰安婦団を同行しながら、強姦罪は跡を絶たない有様である。」と述べています。
「昭和十四年以後はこうした犯罪は漸く減少した。」としつつ「軍紀刷新努力の結果と言わんよりも若年補充兵が社会の悪習に染まらずに出動したからであろう。」とも述べています。
軍紀刷新努力とは戦陣訓の制定や慰安所設置等を意味すると思われます。

慰安婦案創設者の岡村大将でさえその効果に否定的な意見を述べているのです。

しかしあるネトウヨは自身のブログで岡村大将は「海軍にならい長崎県知事に要請して慰安婦団を招き、その後全く強姦罪が止んだので喜んだものである。」とその証言を基に慰安婦制度を肯定的に解釈しています。

ここでも都合のいい部分だけを切り取って己の主張をもっともらしく設えています。
確かに岡村大将はそう述べていますが、それは日中戦争初期の上海事変1932年頃の話であって、日中戦争が泥沼化していた1938年には「全く昔と今とどうしてかくも変わったのか。」と強姦罪が跡を絶たない有様を嘆いています。
同じ人物の証言ですが、どちらを評価すべきかは言うまでもないでしょう。

早尾軍医大尉が1938年にまとめた文書「戦場ニ於ケル特殊現象ト其対策」には、強姦の防止のために慰安所が設けられたが、それでも強姦事件はとまらなかったと述べています。

ある元日本軍の兵の証言によると「慰安所は強姦防止に役立っていたか?」との問いに
「役立っていません。なぜかと言うと、慰安所に行って1円50銭払うんだったら、強姦はタダです。われわれの月給というのは、だいたい一等兵で8円80銭くらい。上等兵で11円くらい。その中から強制的に貯金をさせられるんです。ですから金があまりありませんでした。1円50銭払うんだったら、作戦に行って強姦した方がタダだというような考えがありました。」
さらに別の元日本軍の兵は
「八路軍が沢山いる敵性地区では、強姦はやりたい放題でした。というのは、敵性地区に入った時、指揮官がここは敵性地区だから何をやってもよろしい、という指示を出したのです。何をやってもよろしいということは、強姦しても良いということでしたので、兵隊は誰もかれも女性を見つければ強姦しました。」と証言しています。

こういった証言に対しネトウヨは「その元兵士はコミンテルンに洗脳されたアカだ」というレッテル貼りだけで否定します。単純な感情論です。
終戦直後ならいざ知らず、これらの証言は2000年にされています。

第16師団工兵大十六聯隊の兵だった小野寺忠雄氏は
「ある中隊長は女を連れて歩いたね。上がそんなんやからな。そやから、悪いことをしようとしたらいくらでもできた。わしも女が好きやった。・・・」と中国戦線での強姦の様子を証言しています。彼は後にインドネシアに転戦し、残留日本兵としてインドネシア独立戦争を戦いました。中国共産党やコミンテルンの接点は考えられません。
他にも「上官が略奪した女を連れて歩いたので、今までは真面目に従っていた軍紀なんかクソクラエという気になりました。強姦で罰せられた兵なんて誰一人いませんでした」との証言もあります。

日本軍では強姦に関しての罰則が1942年までなかったという人権に鈍感な体質と、上官の昇進が遅れるという規則のため軍自身による強姦の摘発はほとんど出来なかったのです。


また先の妄想ネトウヨ※は「そんな当時でも高水準の規律を保っていた日本軍が、売春婦を確保するために戦地で人狩りをしたなどという資料は一つもない。」と主張しています。
これは真っ赤なウソです。戦後の軍事裁判で有罪となった7事件の資料が国立公文書図書館に残っています。相手国側資料とはいえ日本はその裁判を受諾した訳ですから否定できませんよ。

確かに強姦を防ぎ規律を維持するために考えた制度ではあったと思いますが、対外的にはそれを肯定できる(強姦・暴行の減少という)根拠がない以上、橋下市長のように言うのはおかしいですね。

慰安所設置の目的は将兵の間での性病の蔓延やハニートラップによる情報漏洩に対処する為とも言われていますが、住民殺戮や上官に対する暴行・殺人もかなり多く、休暇のない兵士のガス抜き施設としての目的でもあったのです。


進駐軍のレイプについて


第二次世界大戦後の進駐軍による強姦・強姦致死事件は多発しました。戦後も女性は大変な被害に遭っています。
当然米兵用の慰安所も開設されましたし(数千人の米軍慰安婦がいたとされています)、私娼も多かった訳ですが日本人女性の被害者数を考えると、慰安所が人道的なレイプ防止システムだったとはとても考えられません。
日本人自身も屈辱的な被害を被った過去があるのに「人道的なシステム」だったと言い張るにはあまりにも歴史のリアリティが感じられない理屈ではないでしょうか?
それとも沖縄を含めるとゆうに1万人を超えるであろう強姦被害者、暴行の上殺害されたり自死した婦女子も千人を下らないとされています。
でも慰安所があったからその程度で済んだと言うのでしょうか?というより日本国民、日本男子はそれで納得したのでしょうね。
確かに日本男子が大規模な抗議活動や暴動を起こしたという話は聞いたことがありません。
1970年、当時米国施政下の沖縄での「コザ暴動」が有名ですが、本土進駐軍に対し大きな抗議の声を上げなかった日本男子は、慰安婦にされた少女を見てみぬふりをした朝鮮人と同じ意気地なしで、記憶を忘却の彼方に置いてきたんでしょう。だから平気で「人道的なシステム」だと言えるのではないですか?



日本人慰安婦は何も文句を言わなかったから問題はないのか?

それでも日本人慰安婦はいままで何も声をあげていないじゃないかとの意見もありますが、そうではありません。
戦後国会において彼女らの声が取り上げられましたが、時の政権により事実上封殺されています。
国会議事録 第003回国会 法務委員会 第10号

しかし、日本人慰安婦個人が名乗り出たのはただ一人ですが、元慰安婦がその経歴を隠し戦後を生きてきたのは容易に想像できます。
また併合した韓国、台湾や占領地と違い、日本人慰安婦は娼妓が慰安婦として戦地に行った事例が多かったこと、騙されて慰安婦になった人でも、(たとえ見舞金がもらえるとしても)過去の経歴が明るみに出ることによる損失の方が大きいと考える人が大多数であったとしても何等不思議ではありません。


慰安婦に対して(当時の法制度・国際常識からみても)人権蹂躙などなかったから戦後も日本人慰安婦はなにも言わなかった。今になって言う韓国人の方がおかしいという単純な論理に付き合う必要もないので、ここでは詳しくは述べません。
 
 
 
 
私が何故こんなブログを開設したかと言うと、嫌韓論に少しは同調していたからです。
所謂ニューカマーの韓国人と接する機会が非常に多かったのと、彼らと仕事上で話をしてもイヤな気持ちになる事が多かったからです。

私が仕事をしているのは日本でも有数の繁華街ですので、接する韓国人は韓国クラブの(イミテーション結婚)ホステスや売春に従事する出稼ぎ(観光ビザ)も多く、旬が過ぎた「したたかなオンニ」の飲食店店主や商売人達もです。反日教育を受けたせいか、カルト宗教信者みたいに頑なな考え方の留学生達も。
やはり彼らと接していればストレスも溜まったのです。
そういう事で巷あふれる嫌韓論にも興味をもったものですが、これは己の気持ちを代弁してくれたという一種の爽快感もあっての事でした。

しかし彼らのそれぞれの経歴、韓国との文化の違いや日韓関係の歴史を冷静に考える自分もいました。
慰安婦問題もネット上で蔓延している右派の主張にも、少し誇張しているな、程度で
受け入れていたのですが、「河野談話」の成立経緯を知ってから、政治的な判断はともかく右派の主張があまりにも単純で説得力が無いことに気づいたからです。

今でもクラブ・バーのホステスや風俗従業員(売春婦) として多くの韓国人が日本で働いています。
彼女ら(割合が少ないですが男性もいます)の大多数は親に売られたわけでもなく、カード破産や借金逃れから来日しています。勿論親の事業の失敗で多額の負債を抱えさせられたケースもあるようですが、ほとんどは本人の借金で格好悪いからそう説明しているのだとも言います。
日本人の風俗産業に従事している女子と何等変わりません。

しかしどう考えても感覚的に慰安婦と売春婦は違うと思えてなりませんでした。

単純に自虐史観だの反日だ在日だの左翼だのと一蹴せずに、ネトウヨ諸君にはもう少し納得出来る説明が欲しいと思います。
「アメリカの反日宣伝だ」「WGIPによる洗脳だ」「コミンテルンの仕業だ」「北朝鮮のスパイだ」なんて薄っぺらいお粗末な陰謀論は結構ですよ。
 


引用したものについてのソースは適当に省略していますが、ネット検索すればほとんど出てくると思います。
謝罪と賠償については本題でないのでまた改めて詳しく確認したいと思います。
 
 

「日本の歴史家を支持する声明」にイチャモンをつける人

「日本の歴史家を支持する声明」について、藤岡信勝氏は自身のFaceBookで5月8日
「いよいよ今年の歴史戦の大波が襲ってきた感じです。」と臨戦態勢を煽る勇ましい
言葉を発しています。
しかし残念なことに「声明」に対して自身では発言なさらず、関野通夫氏のコメントを転載されています。

今回はそのコメントについて考察します。

1.何故、日本の慰安婦制度だけをターゲットにしたのか。
兵士の性処理問題に、アメリカ、ソ連、韓国他他の国はどう対応したかのの視点に欠けてています。
それらを研究・把握したうえで、日本を論じているのか?
「韓国と中国の民族主義的な暴言」を非難することによって、一見公平なふりをしているが、欧米は、どうだったかに触れない人種差別的な見解である。結局、日本だけをターゲットにした一種のヘイトスピーチである。

これは日本の歴史学者を支持するというアカデミズムからの問題提起であって、今一番重要だと思われるテーマを示したに過ぎません。
なぜ日本だけがと言うのは欧米や他国では歴史修正ムーブメントが顕著に現れていないからです。
具体的には日本政府関係者がアメリカの教科書の「慰安婦」の記述についてクレームを入れたからでしょう。
中国・韓国は常に日本の教科書記述内容を非難していますが、これは世界的に見ても例外であって、各国とも他国の教科書には干渉しないという不文律があるからです。
それを今回日本が中韓と同じレベルの間違いを犯したからです。
それを人種差別的な一種のヘイトスピーチだと言うには「ヘイトスピーチ」の意味すら分からない激情型・思いつき、出任せで反論するウヨクの典型的な言説だと思います。千歩譲ってレイシズムと言うなら話の流れで分からないでもないですが。


2.被害者の証言について、彼らは、その真実性について検証を行なったのか。諸々の反証を考究したのか。そういう作業なしに、一国民を貶めるのは誣告を構成するものであることを理解しているのか?

ナヌムの家の元慰安婦たちの証言もあやふやな部分もありますが、全てがウソでないことも判明していますし、日本の裁判所でも明らかにされています。勿論検証・考究はなされています。

右派は彼女らの証言の信憑性を否定し、鬼の首を取ったかのような発言に終始していますが、しかし彼女らの証言は被害者のほんの一部のものに過ぎません。外にも数多くの証言記録が残っています。ただ今となっては亡くなられた方の証言の多くは一義的には裏づけが取れません。だからといって信憑性に多少の疑問を持つだけで、断定的に否定することも難しいのではないでしょうか?
証言を得た地域、年、証言者の属性、記録した人や組織などは多岐に渡っています。それらの全てが組織的な背景があり、誰かの意図が反映した証言という事ではありません。それらは資料としても重要な評価はされています。

3.「恐ろしい暴力」、「残忍な行為」、「彼女たちを搾取」とは、具体的に、どこで起こった、どのような行為を指しているのか。検証された証拠に基づかずして、このような抽象的な言葉を使うことを印象操作(impression management或いはnipulation)という。これだけで、この声明の知的レベルが知れるものである。

そもそも「声明」ですから論戦を挑んでいる訳ではありません。具体的に列挙すれば分厚い本になりますよ。そんな事も理解できない氏の知的レベルが知れるものです。
少なくとも「声明」を読んで物言う人なら韓国・中国の資料はともかく、国立公文書館アジア歴史資料センターにある膨大な資料の存在はご存知ですよね。勿論「日本の歴史家」によって既に多くの検証・解説がなされています。

4.「日本政府が言葉と行動において、過去の植民地支配と・・・」とは、具体的に、どこのことを言っているのか、また、欧米の植民地支配については、どう思うのか?

最後まで引用して下さい。「過去の植民地支配と戦時における侵略の問題」ですから総論であって具体的な各論を言えば先ほども示したように「声明」では収まり切れませんよ。まあ187人の総意ですから個別の事柄に言及はしないのも当然です。
欧米の植民地支配についても一部言及はされていますが、今回の声明とは別のテーマになります。
氏は「声明」に近現代史が網羅されてなければ気がすまないのでしょうか?バカ言っちゃだめです。本当に東京大学出身なのか疑いますよ。

「日本の研究者・同僚と同じように、私たちも過去のすべての痕跡を慎重に天秤に掛けて、歴史的文脈の中でそれに評価を下すことのみが、公正な歴史を生むと信じています。この種の作業は、民族やジェンダーによる偏見に染められてはならず、政府による操作や検閲、そして個人的脅迫からも自由でなければなりません。私たちは歴史研究の自由を守ります。そして、すべての国の政府がそれ を尊重するよう呼びかけます。」

この一節が「声明」の核心部であり、「日本の歴史家」の歴史研究の自由が危うい状況にあるのではないかと懸念されるから出された声明ではないでしょうか。
この部分にコメントされないのは「声明」の一部を取り上げたイチャモンでしかありませんね。



日本の歴史家を支持する声明 187人の著名歴史家

欧米の187人 戦後70年で安倍首相に意見


声明では

「元「慰安婦」の被害者としての苦しみがその国の民族主義的な目的のために利用されるとすれば、それは問題の国際的解決をより難しくするのみならず、被害者自身の尊厳をさらに侮辱することにもなります。しかし、同時に、彼女たちの身に起こったことを否定したり、過小なものとして無視したりすることも、また受け入れることはできません。」

中国・韓国の慰安婦問題に対する姿勢に異議を唱えつつ、日本の右翼が捏造慰安婦と決め付ける事にもクレームを入れています。


続けて
「慰安婦」の正確な数について、歴史家の意見は分かれていますが、恐らく、永久に正確な数字が確定されることはないでしょう。確かに、信用できる被害者数を見積もることも重要です。しかし、最終的に何万人であろうと何十万人であろうと、いかなる数にその判断が落ち着こうとも、日本帝国とその戦場となった地域において、女性たちがその尊厳を奪われたという歴史の事実を変えることはできません。

私も信用に足りる正確な人数は判断できません。
信憑性のあるデータが存在しませんから色々な推定方法で推算すれば、様々な結果が出るのは当たり前です。

計算の元となる基礎的数字なりパラメーターなりが、ある程度説得力を持ちそのメソッドも多くの支持を得られるものならば肯定も出来ますが、秦郁彦氏のようにほぼ断定的に2万人とする姿勢には強い嫌悪感を覚えます。歴史家(学者)の姿勢というよりプロパガンダの色濃いものです。
そういう意味では吉見義明の4.5万人~という推計の方法はある程度理解できます。

「慰安婦」の人数について 1997年 東京地方裁判所 鑑定人尋問吉見義明 中央大学教授

「明確にするのは困難。理由は、軍資料が焼却されたこと、警察資料が公開されていないこと、「慰安婦」の名簿がないこと。警察庁の資料では400名の業者名があるが、女性の個人名は求めていない。」
──あえて人数を推計すれば。 
「陸軍は上から兵100人に1人の「慰安婦」といった。ならば海外の兵員は最大350万人だから、300万として3万人、交代数を入れて6万人、その間で4万5000人となる。ただしこれは上からあてがった数字で、現地の軍が独自に集めた数があるともっと増える。大体8万から20万人とされるが、そんなに不当な数ではない。」



勿論韓国が主張する人数も完全否定はできませんが、その根拠は脆弱な理屈によるものだと思います。

何も数字の大小で言っているのではありません。

声明も述べているように、歴史の本質は単なる数字の確定によるものでもありません。勿論フィクションを排するために重要な要素には違いありませんが、人数よりも問題の本質が何かを示しているので声明の核心部のひとつとも言えます。

さらに声明は
「歴史家の中には、日本軍が直接関与していた度合いについて、女性が「強制的」に「慰安婦」になったのかどうかという問題について、異論を唱える方もいます。しかし、大勢の女性が自己の意思に反して拘束され、恐ろしい暴力にさらされたことは、既に資料と証言が明らかにしている通りです。特定の用語に焦点をあてて狭い法律的議論を重ねることや、被害者の証言に反論するためにきわめて限定された資料にこだわることは、被害者が被った残忍な行為から目を背け、彼女たちを搾取した非人道的制度を取り巻く、より広い文脈を無視することにほかなりません。」

と暗に日本の右翼歴史家を指摘し、その偏狭さを非難しています。
私がネトウヨに問う視点と全く同じ考え方です。

なんか常識的な声明ですが、非難声明ではないので安倍内閣も冷静に分析できるのではないでしょうか。

あるブログではこの声明に対し
「渡部昇一、西岡 力、櫻井よしこ、島田洋一、中西輝政、西尾幹二その他の学者や言論人の反撃を期待したい」と書いておられます。
なんというか全く役不足で笑っちゃいました。187人の歴史家の数もそうですが格が違いすぎますよ。名簿がありますので調べてみてはどうでしょう。経歴と実績のある学者ばかりです。所謂大物が何人も名を連ねています。
ケント・ギルバートやテキサス親父といった人なんて英語を喋れるだけで、影響力もほとんど期待できないでしょう。
私もえらそうに言うことはできないけど、まあ「WILL」や「正論」しか読んでいない向きには、歴史学の実際はわからないでしょうね。

ネトウヨ仲間だけで反撃を期待するのは勝手ですが・・




もしコメントされるなら、以前の記事も読んでからしてくださいね。

アメリカも認めた売春婦? 但し慰安所軍関与説を補完する引用

アメリカも認めた慰安婦は売春婦と同じだったという主張について

いわゆるミッチナ捕虜尋問調書に記載されている次の文章ですが
「A "comfort girl" is nothing more than a prostitute or "professional camp follower" attached to the Japanese Army for the benefit of the soldiers. The word "comfort girl" is peculiar to the Japanese.」

「"慰安婦"とは、軍人にサービスするために日本軍に配属された売春婦、すなわち "将兵専門のプロの娼婦"としかいいようがない。"慰安婦"という言葉は日本人特有のものだ。」
camp followerは直訳では基地の従者ですが前後の文脈からこの訳に違和感はないでしょう。

さてこの文章を元にネトウヨは「慰安婦とは売春婦だとアメリカ軍も認めている」と拡散させています。

単純に考えればそうですが、慰安所に関し予備知識のない米軍が、捕虜は慰安婦と言っているが 、それは米軍の認識では慰安する女子じゃなく売春婦だと説明しているだけです。

「comfort girl?そりゃ一体なんだ?」
尋問するうちに「なんだ売春婦以外何者でもないじゃないか」と判明したのでそう記録したんだと思います。
しかし(comfort girlという概念がアメリカにはなく)「日本人特有のものだ。」と述べているところがキーポイントです。

私たちが慰安婦と売春婦の違いを論争するほど彼らは慰安婦の特異性を認識していたはずがありません。
それを”peculiar to the Japanese”をほぼ無視し、あざとく解釈して慰安婦=合法売春婦説にすりかえていると思いませんか?
しかもたった2人の日本人"the Japanese"="house master"の証言だけですよ。主張の蓋然性は無きに等しいと言えます。 

まあ多くのネトウヨは原文解釈までしていないでしょうから、鵜呑みにしているのでしょう。「ネトウヨは二行しか文章を理解できない」と揶揄される所以だと思いますよ。



「1944年にビルマでアメリカ軍が20人の朝鮮人慰安婦を捕虜にいたしまして、詳しい尋問記録を残しております。その中で彼女たちは日本軍に所属している売春婦だ「"nothing more than prostitute or "professional camp follower"」と結論しております。」 秦郁彦2015年外国人記者クラブ会見  
てかこの人は数学もさることながら英文読解も非常に弱い偏差値36くらいに劣化していますよ。

「慰安所は民間業者が不特定多数の客のために営業する通常の公娼施設とは違います。軍が軍事上の必要から設置・管理した将兵専用の施設であり、軍の編成の一部となっていました」と永井和京大大学院教授が指摘していますが、""comfort girl" is  ****** attached to the Japanese Army"日本軍に所属している売春婦と認識している秦氏は、永井教授の見解と同じで慰安所は軍の密接な関与があったと認めることになります。
秦氏は慰安婦を単なる「売春婦」と言いたいがために「ミッチナ捕虜尋問調書」を持ち出したのですが、「慰安所はいい金儲けが出来ると民間業者が部隊の傍で営業した」という軍責任回避論を覆す引用じゃないですか?


そういった主張をする歴史家に対し著名な権威ある歴史家達が
「特定の用語(この場合売春婦)に焦点をあてて狭い法律的議論を重ねること・・・(は)より広い文脈を無視することにほかなりません。」と諭している訳です。


ネトウヨが喜んで引き合いに出す「マッカーサーも日本は自衛の為に開戦に踏み切った」も良く似た手法です。
文章全体を吟味せず一部の単語だけで意訳(ほぼ意図的に誤訳)・拡大解釈しています。
ここでは本題ではありませんので詳しい説明は改めてUPしたいと思います。

慰安婦強制連行はウソ?

「慰安婦強制連行の嘘」を検証しましょう


あるネトウヨサイトhttp://kenjya.org/ianhu1.htmlに強制連行を否定する主張の数々が列記されていたので、疑問点を述べてみたいと思います。

賢者の説得力というメインベージのタイトルですが「慰安婦強制連行の嘘」のページでは全く説得力のない主張がやたらと出てきます。




「以前私が調べた範囲内で言えば、もっとも多かったのは、親に売られ、同国人たとえば韓国人女性なら韓国人の女衒によって、慰安所に連れて行かれたというケースです。つまり、当時の法制下では合法的な商行為だったわけです。」
秦郁彦 SAPIO 
2005

彼の著書『慰安婦と戦場の性』に彼が信憑性の高いとする証言を9つ取り上げています。以前調べた範囲内というのはこの事でしょう。

「おそらく、(略)大多数を占めるのは、前借金の名目で親に売られた娘だったかと思われるが、それを突きとめるのは至難だろう。」(386P)と持論を述べていますが、その証言の中で朝鮮人経営者の内輪話としての伝聞証言が親に売られた事例と解釈できますが、時でも親が同意しようが人身売買は違法でしたよね)他の8件にはそのような証言はありません。

騙されて慰安婦にさせられた例が多く、自由意志による売春の例は一つもありません。それにも拘わらず「つまり、当時の法制下では合法的な商行為だったわけです。」と断定しています。

「それを突きとめるのは至難だろう。」と言っているのに「もっとも多かったのは、親に売られ・・ 」とはどう飛躍したら言えるのでしょう。突きとめたなら発表して下さいよ。


「仮に強制連行が行われたとすると、そのためには軍が一大作戦行動として出動しなければ不可能である。
この作戦にどういう名称があるのか。この作戦の企画・立案の文書と発令される指令文書等、膨大なものを必要とする。本当に強制連行をしたならば、様々なところに散らばったであろうそうした文書が、ただの一件も発見されないということは考えられない。」
藤岡信勝 「歴史教科書との15年戦争」
 

イメージ 1


まあ確かに絵にあるような作戦を否定するにはいい方便でしょうが、じゃあ慰安婦数が右派に分かり易いように2万人だったとする秦郁彦の説どおりならば、朝鮮人慰安婦の数は多く見積もっても1万人です。その内、軍が直接連行していないという明らかな証拠が残されていますから、仮に5000人確保するため軍が直接出動したとします。

7年間では1年に700人程度、月換算なら60人、1日2人程度、しかも平城やソウルと限った訳ではないのです。一大作戦行動とはえらい大袈裟じゃないですか?
口頭伝達での範囲内です。

前にも述べたように、所謂「バターン死の行進」や泰緬鉄道建設の英軍捕虜動員の企画・立案の文書と発令される指令文書等は一切見つかっていません。
ならばネトウヨはそのような事実も無かったと思うのですか?
強制連行なんて軍としての正規の作戦じゃあるまいし、もしやるとすればむしろ隠密作戦の体裁だったでしょう。

いわば裏の仕事に仰々しく文書を残すことはあえりえないと思います。「なおこのテープは自動的に消滅する」的な指示だったでしょう。
脱税しようとする人間が領収書や出納帳をきっちり残したりしますか。だから文書が残っていないのも充分考えられます。
「文書がただの一件も発見されないということは考えられない」とは教授の肩書きが泣きますよ。もう少し硬直した頭をほぐして下さい。


「朝鮮半島で20万もの大規模なアフリカの奴隷狩りのように道を歩いている女性を捕まえてトラックに乗せたり、家の中に入ってきて銃剣で脅して連れていったりすれば、朝鮮半島の中に朝鮮の人たちが残した記録が必ずあるはずである。日記なり何なりで。」
中西輝政  フジテレビ報道2001

そもそも韓国は朝鮮人慰安婦が20万人と言ってませんよ。
http://www.hermuseum.go.kr/japan/sub.asp?pid=137

藤岡氏と同じような主張ですがそんな何百年も前のような幼稚な事を、いくらなんでも20世紀の日本軍がするはずがありません。
併合した朝鮮や台湾では皇民化教育がなされ、皇軍は絶対的な権威と規律を誇っていました。

もしやるならもっと巧妙にしたと思いますよ。確かにそんなことがあれば記録が残っているでしょうが、中西氏は強制連行とはそんな極端な事しか頭に浮かばないのでしょうか。

確かに一部韓国人が主張する内容は上記の絵のように概ねそのレベルの話が多いのですが、それでもしっかりした知識人はそんな感情的に訴えやすいだけの強制説は取っていませんよ。事実韓国政府の主張に直接的にはそんな表現はありません。


「募集すれば、いくらでも希望者はいたのである。それをわざわざ貴重な軍の労力を使って連れてくるようなことはしない。」
すぎやまこういち 正論2007/9月号

「募集すれば、いくらでも希望者はいた」と物語る記録はないでしょう。完全に妄想です。
相川平松(元日本軍憲兵)の話なら以前に指摘しています。


「戦争が激しくなると、贅沢はいけないということになり、朝鮮の花柳界にあまり人が行かなくなる。それで業者が慰安婦を連れて戦場に行ったというような記録もある。」西岡力

そういった事もあったでしょうが、業者が芸伎を出し渋ったという記録もあります。

「倉橋正直・愛知県立大学教授は、朝鮮で発行されていた新聞「毎日日報」に1944年10月と11月の2回、「『軍』慰安婦急募」という広告が出ていた事実を挙げて、1944年になっても売春婦型の慰安婦の募集があったと」主張する。
…慰安婦が全て強制連行されたのなら、広告の必要はない。朝鮮の新聞に募集広告があったことは、強制連行がなかった証拠である。」
西岡力 「よくわかる慰安婦問題」

「慰安婦が全て強制連行されたのなら」と前提を入れていますが、広告があった事で「強制連行がなかった証拠である。」とは教授らしからぬ飛躍した結論ですね。どういう思考回路をお持ちなのでしょう。

少なくとも「慰安婦は
全て強制連行されたというを否定する証拠だ」ならわかりますが、強制連行がなかった結論にはならないでしょう。
全くよくわからない慰安婦問題の説明です。

以前にも書きましたが、強制連行が100%なかった証拠がないにも拘わらず、
100%なかったと言い張る無理は見苦しいじゃありませんか?


慰安婦の募集は中国や他の占領地では軍主導であったと思われますが、私は朝鮮や台湾ではもっぱら警察や行政が徴集役に関わったのだと思います。

アメリカの対日非難決議が出される前に議会に提出されたれた報告書にもそのような内容が記されており朝鮮半島における「強制連行」の記述は一切ありません。
 
ギャラリー
  • 産経ニュースのウソと歪曲
  • テキサス親父のペテン
  • テキサス親父のペテン
  • テキサス親父のペテン
  • 「戦況悪化で朝鮮人女衒に捨てられた慰安婦」のウソと虐殺事件
  • 「戦況悪化で朝鮮人女衒に捨てられた慰安婦」のウソと虐殺事件
  • 「戦況悪化で朝鮮人女衒に捨てられた慰安婦」のウソと虐殺事件
  • 「戦況悪化で朝鮮人女衒に捨てられた慰安婦」のウソと虐殺事件
  • テキサス親父のウソ
コメントは歓迎しますが、当ブログに関係ない嫌韓ネタや記事に直接関係ないもの。その他極端な誹謗中傷・脅迫・ヘイトなどは独断で削除します。
謝罪や賠償問題は当ブログのテーマではないので、それらに関するコメント書き込みも削除する場合があります。また「朝鮮人強制連行」を否定する主張は当ブログのテーマとは関係ありませんので受付ません。 韓国政府の主張にも慰安婦像横のプレートにも書かれていない朝鮮人慰安婦20万人を否定しても意味がありません。慰安婦は朝鮮人・台湾人・中国人・フィリピン人・インドネシア人やベトナム・ビルマ・マレー・インド人、他南洋の女子が慰安婦となってたのは日本の公文書で明らかです。