慰安婦問題の疑問点 それってウソでしょ

当ブログは主に日本のネット上でのウソを検証しているので、世界中(特に韓国や中国、欧米の主要メディア)のウソを検証してはいません。

慰安婦は高給取りだったのか 4

慰安婦はネトウヨ連中がいうような高給取りではなかったと以前エントリしましたが、今回は慰安所の営業実態がわかる日本陸軍の報告書を紹介します。


「軍慰安所に関する件報告(通牒)」
国立公文書館 アジア歴史資料センター 所蔵

iansho00



昭和15年7月に書かれた報告書です。
南寧及欽州方面に於ける6月末現在軍慰安所状況は左表の如くにして・・・
と始まっています。

報告書には43件の軍慰安所と361名の慰安婦についての売り上げ詳細が一覧表として記されていますが、報告書には慰安婦一人当たりの一日平均売上高18円79銭と記載されています。 
月額売り上げは450円程度です。

慰安所総売上148,585.8円、それを実働慰安婦329人(報告書の最後に健康慰安婦329人となっています。他は性病だったと考えられます)で割ると慰安婦一人あたりの売り上げがわかります。


慰安婦の取り分は50%、そこから諸経費が天引きされますので借金返済を考慮せずとも手取りはその半分くらいの額にしかなりません。150円も貰えれば御の字で借金返済やら各種ピンはねを考えると、決して高給ではなかったと言えるでしょう。

iansho0


これは軍の正式文書ですので、これほど確かな証拠になるものはありません。


兵の給料の100倍、秦郁彦氏の二千円説、当時立派な家が建った(建てた)、陸軍大臣並みの高給を貰っていたなどのヨタ話にはこのような確たる裏づけになるエビデンスはありません。
高給説を唱える彼らは、以前にも書いたように広告倫理規定もない時代の新聞広告のたぐいや信憑性に乏しい伝聞証言だけです。



また同報告書には

飲酒酩酊のうえ慰安所並びに附近に於いて拳銃を発砲し或いは抜刀 従業婦に傷害を與えたるもの
将校2
飲酒酩酊の上慰安所内に於いて暴行せる者
下士官2 兵3
軍慰安所管理人1は従業婦を虐待せるを以って厳重将来を戒飾す。
との報告も記載されています。

ひと月の(問題にしなければならない位の)事件数ですから、(当時の感覚として目に余るほどではないが)慰安婦に対する暴力は日常茶飯事であったと推認されます。

慰安婦の証言を裏付けるものです。※

「当時下級兵士も毎日のように殴られていたので、当たり前だ」というのは、軍国主義を肯定する人だけの理屈でしょう。
男が婦女子に暴力を振るうのは当時の価値観でも許されてはいません。
ましてや武士道なんかを持ち出す輩はどう考えるのだろうか?



在日の元「慰安婦」として裁判を起こした宋神道さんは、中国の武昌での体験としてだが、「二階の小部屋で何人相手をしても、階下から帯剣が擦れ合う音がひっきりなしに聞こえてきた」「体調が悪く、軍人の要求に応じられないような時・・遮二無二体を強ばらせ、身を縮めていた。そのような時、相手がいつ剣を抜きはしないかと、おびえていた。実際、軍人は些細なことですぐ剣を抜いた」と語っている。 また韓国在住の文必基さんは、「慰安婦生活の間には何度か死ぬ目にもあいました。自分の要求をそのまま受け入れないといって、酒を飲んできて刀を抜き暴れ出した軍人もいました。酒に酔って刀をタタミに刺し立てて性行為をする軍人がたくさんいたので、タタミには刀の跡がたくさんありました。それは思い通りにさせろという脅迫でした。そして、思い通りにいかないと、刀を抜いて躍りかかろうとするのです」と証言している。

187人(457人)の声明に110人が反論

日本人学者110人が反論 米教科書擁護の米学者らに

産経新聞2018/8/6



記事タイトルは不正確で「日本の歴史家擁護の米学者らに」とすべきでしょう。さすが産経新聞、歪曲した見方です。

声明文には「マグロウヒル社」の歴史教科書を執筆した学者も名を連ねていますが、その内容を擁護する具体的な記述は一切ありません。

そして反論の全文ですが
https://www.facebook.com/nobukatsu.fujioka/posts/874157496003359
いずれにせよ署名に名を連ねた学者は相変わらず、右翼雑誌で飯を食ってるいつものメンバーが多いですね。
しかし歴史学者とされるのは「トンデモ」を含めてほんの10名くらいです。

しかし河野談話以降、慰安婦関連の研究に真摯に向き合った学者が110名の中にどれだけいるのでしょう。
談話以降も新たな史料発掘がなされ、多くの公文書が発見されていますが、少なくとも署名に名を連ねた彼らの功績ではありません。


11800444_388942157976903_4742761630500899052_n

海外特派員協会の記者会見で発表すれば良かったのに、記者会見の出席者の半分以上はメディアの現役記者でもなさそうです。
要するに彼らのアリバイ作りをするために発表しただけでしょう。

まあ6月に出した藤岡信勝氏の反論よりは随分練られた感がありますが、その論調は相も変わらずです。


「反論」正式には「慰安婦に関する米学者声明への日本の学者からの返答」
には「事実関係を超えた歴史解釈は国や民族が違えば一致できません。」と記述してあります。
そして渡辺利夫・拓殖大総長は 

「国家や民族による歴史解釈の相違を許さない傲慢さ」と記者会見で述べました。
同じ論調で解釈するなら、むしろ右翼学者達が己らの考えを「国家や民族による歴史解釈」と拡大する傲慢さがより際立っていると思います。 

「反論」に突っ込みどころが多々ありますが、ほんの少々、、

3)歴史を政治利用すべきではない
という主張について

それならば、今回の返答に何故多くの政治学者が名を連ねているのでしょうか、歴史学者とされる人より、はるかに多くの(それも常々国内政治に口出しする)政治学者が署名していることに矛盾があるでしょう。
純粋に歴史学での異論であるなら、そんなに多くの政治学者が出る幕ではないと思います。



「「永久に正確な数字が確定されることはないでしょう」と書きました。この立場に立つならすぐに歴史教科書の記述を修正すべきです」
と述べていますが、「マグロウヒル社」若しくはその執筆者に対してなら意味を持ちますが、「187人の声明」に対してはなんら意味をなさないのではないですか?ズレていますね。
少なくとも「修正すべきと表明するべきでしょう」位なら話はわかりますが。





先生「慰安婦はどの位いたと思いますか?理事長はわからないと言っていますが」

Y君「恐らく5万人~20万人くらいでしょう」
M君「20万人です」
N君「20万人は絶対おかしいと思います。撤回すべきです」
先生「N君はなぜ20万人がおかしいと思うのですか?」
N君「2万人だと思うからです」
先生「じゃあN君は2万人と思うのですね、根拠はありますか?」
N君「当時の日本軍の兵員数が100万人だから(適当に)推計したら2万人です」
Y君「根拠にした当時の日本軍海外兵力100万人って300万人(政府調査)の間違いでしょう」
N君「・・・・」
先生「2万人を確定する根拠があれば20万人を否定できますが、皆が納得できる根拠を示さなくてはダメですね」

先生「勝手な数字を持ち出して相手の意見を抑えようとするのはいけませんね」
理事長「わからないというのが私の立場ですから20万人はおかしい」
先生「実際わからないなら5万人でも20万人でも否定できないのではないですか?」
理事長「わからないから、わからないとすべきです」
A君「わからないなら0も含まれますが、そんなことウソでしょう?理事長は誠実じゃないと思います」

PTA「色々な推計をそれぞれが主張するにしても、ウソでもない限り撤回させようとする傲慢な態度はいただけませんね」


わからない=10人かも知れない=1000人かも知れない=2万人かも知れない=20万人かも知れない=100万人かも知れない。


http://senbonzakura.blog.jp/archives/36101131.html






日本の強姦発生件数は低いのか?

日本人の「強姦」は非常に少ないのか?


「法務省の有識者会議「性犯罪の罰則に関する検討会」(座長=山口厚・早稲田大教授)は6日、今よりも法定刑の下限を引き上げて、被害者の告訴がなくても起訴できるようにすべきだとの意見が多数を占めたとする報告書を了承した。上川陽子法相は今秋にも、報告書の内容を踏まえた法改正について法制審議会に諮問する。」毎日新聞2015/8/7

随分以前から国連勧告が出されていましたが、法務省もようやく具体的に動き出したようです。

CCPR自由人権規約委員会 2008年 勧告文
「締結国(日本)は、刑法177 条の強かんの定義の範囲を拡大して、近親相かん、現実の性交渉以外の性的虐待が男性に対する強かんと共に重大な刑事犯罪であると考えられるように確保し、攻撃に対して抵抗したことを立証しなければならないという 被害者の負担を取り除き、強かん及びその他の性暴力犯罪を職権で訴追すべきである。締約国はまた、裁判官、検察官、警察官及び刑務官に対する、性暴力についてのジェンダーに配慮した義務的研修を導入すべきである。」

現在は「強姦」の犯罪立証を被害者が負わなければならないので、容易ではありません。
抵抗の立証も相手を負傷させたり、悲鳴の証人を見つけることが出来なければなりません。
恐怖におののいてほとんど無抵抗という場合には立証困難です。
被害の申告率は平成20年は13.3%でした。第3回犯罪被害実態(暗数)調査結果概要P7


要するに日本は世界基準と比較して「強姦」とカウントされるには非常にハードルが高い状況です。起訴率も他の犯罪に比べ異常に低いのがそれを物語っているでしょう。



また現在「強姦罪」はコソ泥より刑が軽く、定義もかなり狭いので、ジェンダーに対する性犯罪の認識に関しては日本人は世界各国のそれより随分希薄であると思います。
また日本は、国連で2000年に採択された人身取引議定書を締結していない唯一のG8参加国でもあります



あるネトウヨは「強姦」犯罪に関して
United Nations Office on Drugs and Crime, Statistics on Crime, Sexual Violence (注:リンクはエクセルシート)の数値を提示し(多分孫引き)日本はOECD各国の中でも最も低い数値が出ているとしていますが、
強姦罪の定義は国によって大きく異なる点もあるため、一概に件数を比較できるわけでは無いにも拘わらず、単純比較をしています。
国によっては(表現は悪いのを承知で)セクハラに毛が生えた程度でも「強姦」と見做すところがあります。逆にイスラム圏の国では被害者も罰せられます。
確かに強姦の多さが問題視されている国はありますが、日本人が各国の中で一番品行方正だとは単純に言えないと思います。


oecd
OECDレポート2009より (2004~5年の調査)


日本は調査25カ国のなかで低い方から7番目で 、最も低いわけではありません。
日本人の「強姦」認識からすればOECDレポートの調査方法の方が近いと思います。

嫌韓論者が日本より韓国の方がはるかに多いというために国連データを利用しているのであって、単純比較はできないデータにあまり意味がないのですが、強引に「韓国レイプ大国説」を拡散させています。確かに日本より多いとは思いますが、しかし韓国は日本と違い2012年非親告罪としています。
単純比較ならアメリカが韓国の2倍以上高く、日本の26倍も高い数値になっています。
韓国人云々より、日本人から見れば横須賀・岩国・沖縄の基地は潜在的強姦魔の巣窟と言っても過言ではなくなりますよ。

国連のデータとOECDのオフィシャルレポートを比較すると、オーストラリアやカナダ、アメリカは強姦の定義が広く、特にベルギーに関しては明らかに差があり、日本の「強姦」とは定義が全く違うように思われます。

欧米各国が「慰安婦問題」に対する見方が厳しいのも頷けます。
 

 
ギャラリー
  • テキサス親父のペテン
  • テキサス親父のペテン
  • テキサス親父のペテン
  • 「戦況悪化で朝鮮人女衒に捨てられた慰安婦」のウソと虐殺事件
  • 「戦況悪化で朝鮮人女衒に捨てられた慰安婦」のウソと虐殺事件
  • 「戦況悪化で朝鮮人女衒に捨てられた慰安婦」のウソと虐殺事件
  • 「戦況悪化で朝鮮人女衒に捨てられた慰安婦」のウソと虐殺事件
  • テキサス親父のウソ
  • テキサス親父のウソ
コメントは歓迎しますが、当ブログに関係ない嫌韓ネタや記事に直接関係ないもの。その他極端な誹謗中傷・脅迫・ヘイトなどは独断で削除します。
謝罪や賠償問題は当ブログのテーマではないので、それらに関するコメント書き込みも削除する場合があります。また「朝鮮人強制連行」を否定する主張は当ブログのテーマとは関係ありませんので受付ません。 韓国政府の主張にも慰安婦像横のプレートにも書かれていない朝鮮人慰安婦20万人を否定しても意味がありません。慰安婦は朝鮮人・台湾人・中国人・フィリピン人・インドネシア人やベトナム・ビルマ・マレー・インド人、他南洋の女子が慰安婦となってたのは日本の公文書で明らかです。